スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八神純子といえば・・・2 

思い出は美しすぎて、みずいろの雨・・・そして、初期の名曲と言えば「夜間飛行」、いい曲だなぁ。



八神純子といえば・・・ 

名古屋から餞別で貰ったLPの中の一枚、八神純子。このアルバムに収録された「ポーラー・スター」も好きな一曲で、今日は珍しく歌謡POPSを聴いてみました。Mr.ブルーも聴きたいな。

ところで中学生のころ八神先生という、とてもキレイな国語の先生がいらっしゃいました。中学生にとっては多分、始めて「世の中にこんなキレイな人がいるか?」と思えるほどでした。

お歳は、多分まだ20代の後半くらいだったのではないか?同級生の女子にも可愛い子は居ましたが、所詮は中学生です。大人の女性にはかないません。もちろん僕も含め男子たちの人気の先生でした。

その八神先生が「やっちゃった」シーンが、八神純子を聴くとセットで思い出されます。

ある日、八神先生は昭和初期の頃の文献のコピーを教材として持ってきてみんなに配ったのですが、クラスメイトの一人が「先生!」と手を挙げました。

「なんですか?」・・・と八神先生。
「この出版社の名前はなんて読むんですか?」・・・とクラスメイト。

みんなが「ん?」と思ってそこに目をやると、なんと「金玉出版」と書いてありました。さて八神先生は・・・

ちょっと気の強いところのあった八神先生ですが、このときは流石に顔を真赤にして「き・・・『きんぎょくしゅっぱん』じゃないですか?」と答えるのが精々。大爆笑のクラス。

懐かしいな~。多分八神先生も、今ではとうに定年を過ぎたおばあちゃん。今でもおキレイなのかな?

IMGP7998.jpg

連日の仕入れ 

今日は16:30のアポで高瀬高校での仕事があり、三豊へ・・・鳥坂ICを降りて高瀬に向かう途中、あ●まさんの回転灯が廻っていたので「しめしめ、久しぶりに『あ●ま詣』だ」と思っていたら、今日の香川県の観測史上最強の(最狂の)春一番で警報が出たおかげで学校の予定が狂いまくり、こちらもかなり割りを食ってしまい、仕事を終えて学校を出たのが18:30ごろ。

すっかり薄暗くなった時分では流石にあ●まさんの回転灯も消灯しており、こちらの意気も消灯・・・

でも、それでは気が済まない・・・と、会社近くのHOに立ち寄ると、また多少新しいLPが増えていて、その中からRod StewartのEvery Picture Tells A Storyが300円で!カウンターで「盤見ていいですか?」と訊くと、店員が「ああ、またアンタか!」みたいな顔で笑いかける。いくら300円といえどもHOの中古なんか信用できるもんかい!笑

見たところ、センターレーベルに多少のシミと「Sound Guard処理済み」の赤いシール。一瞬レンタル上がりかと思ったよ。傷はなさそうだったのでそのまま購入。今きいていますが、結構ノイズありますよw

IMGP7997.jpg

本日の仕入れ 

先日、大阪のOYAG総統・南野さんのオーディオルームで聞かせてもらったシリーズの中に「STEREO LABORATORY」がありました。

それはAndouさんが持ち込んだ「オーディオチェック用」と言えるほどの高音質録音が売り物のシリーズで、そのときはマント・ヴァーニの「恋はみずいろ」を聞かせてもらいました。流麗なストリングスは確かに再生できるセットを選びそうだ。

で、今日は仕事で丸亀にいった帰り、「仕入れ」に丸亀のHOによりました。相変わらずここも〇〇〇〇染みた値段のLPばかりですが、ジャンクコーナーでジャケットのウォーターダメージが酷い「STEREO LABORATORY」シリーズが二枚ありました。しかも1枚25円(笑)

でも盤はすごくきれいだったので、もちろん頂き。今ちょっと聴いていますが全然ノイズ無し。

IMGP7996.jpg

Kenwood D-3300T、復活なるか? 

以前から、うちに転がっていたKENWOODのチューナー、アナログのL-02Tは除いて最後のフラッグシップ、D-3300Tのジャンク。20年以上導通し続けた末に、ある晩、突然死したままでしたが、某FMチューナー修理の愛好家の方に、「ダメ元」で修理をお願いしていました。

最初、どこかのコンデンサーがパンクした程度か・・・と思っていましたが、家でチェックをすると思ったよりも複雑な症状を見せており、もうダメかもしれないと半ば諦めておりました。それが何と、今日、「とりあえずFMを受信して、音が出る」ところまで復活した・・・との知らせが入りました。

まず検波用の基盤のICが死んでいるが、ICだけを交換するにはチップ抵抗などが非常に密接しており難しいため、別の同じ基盤を使うチューナーから移植して「受信」は可能になったとか。ただ、そのままでは非常にノイズが多い状態で、幾つかコンデンサを交換したことで、「キレイに受信する」ところまでは復活したそうです。

ただ、STEREO表示が点灯せず、実際にステレオに分離していないということでもう暫くかかりそう・・・だそうです。でもだいぶゴールは見えてきた感じがします。

SAUSUIのST-U707Xも非常にいいチューナーなのですが、D-3300Tには到底敵いません。復活の折にはこちらがメインの座に居座るのは約束されており、いよいよ楽しみになってきました。radikoが始まって、もう無用の長物になりつつあるFMチューナーですが、せっかく5素子のアンテナも立てていることだし、FMはやっぱり「電波」で聴きたいですね。

いや、本当に凄いですね。完成の暁にはご自身のBlogにアップしていただけるでしょうから、それまでは詳細は伏せておきます。

DSC00062.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。