スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男木島の一日 

今日は、男木島のビーチコーミングに参加しました。

FM香川の「アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン」では人を迎える方で、殆どゴミ拾いに参加することができないのですが、自分が参加する方になってみて、なかなか新鮮な体験でした。

アースコンシャス アクトでは単に拾うだけですが、このビーチコーミングでは「何を拾ったかグループリーダーに報告しながら」拾います。すると「コレは一体何に使うんだろう?」「コレはなんの部品だろう?」「なんでこんなところにあるんだろう?」と考えながら拾うことになります。手当たりしだいガッツリ拾うのも楽しいのですが、チマチマと拾うのもまた楽しいものでした。

清掃が済んでからちょっとしたゴミのことを勉強します。

瀬戸内海に面した地域に住んでいる人が3000万人と推計して、瀬戸内海に集まるゴミの量は年間にして一人当たり120グラムに過ぎないそうです。その程度ならちょっと気を付けたらセーブできるし、こうしたイベントに参加したらすぐ拾うことができる・・・なるほど、そういう考え方も出来るか!と、ちょっと目からウロコ。

清掃活動が終わってからは散策道を歩いて、男木島のぐるりを一周して帰ってきました。イノシシの足跡あり、屋島・八栗を真北から見る珍しいアングルも見たし、迷路のように入り組んだ路地で道に迷っていたら地元のおばちゃんが遠回りして案内してくれたり・・・

その他、久しぶりに芸術家の大島よしふみさんとお話ししたり、コレまた久しぶりに「円(まどか)」さんで食事したり(覚えていてくださって感謝!)、田中勝次さんのピンホールカメラ写真展を見に行ったり(受付のボランティアのお姉さんが写真好きの素敵な方でした)・・・と、なかなか充実した一日でした。


WatermanのHAVANA INKを試す。 

先日購入したカトウセイサクショの茶縞万年筆には王道に従って茶系のインクを入れることにしました。簡単に手に入るBrown系のインクといえばPelikanでしょうが、どうもPelikanの色インクはポップすぎて好きになれません。Blackでさえシャビシャビで、喪中はがきにはいいかも知れませんけど・・・

そんな訳で、渋めの茶系を探していたところ、ふと昔、間違えてWatermanのHavana Inkを買ってきて返品したことを思い出しました。当時の僕の使い方では「赤系」のインクはNGだったのです。「箱がセピア色しているんだから買うときに気がつくだろ」というツッコミは勘弁して下さい。当時はど素人だったので・・・

ということで、Havana Inkで試し書き・・・




店の人も「ずいぶん古いなぁ」と言いながら売ってくれましたが、まさか当時のボトルが結局手元に来たのではあるまいね?

出戻り御免 

「Tumblrに移行する」と大口を叩いたものの、すぐに出戻ってきてしまいました(笑)

とはいえ、向こうをやめるわけではありません。Tumblrを始めてすぐに「これは用途が違う」ということに気がついたため、一部をTumblrに移行し、一部は従来のBlogで・・・という住み分けをしようということです。

Tumblrは他サービスとの連携がとても簡単です。今僕はTumblrからFacebook・Twitterへの連携を自動に行うように設定しています。つまり、Tumblrに一つ書きこめばその二つのサービスにも即時に反映されます。一回のエントリーで発言力が3倍になったと言えるでしょう。また、僕の発信物の一つである「写真」に関してはFlickrという、非常に優れたSNSがあります。これもまたTumblrへの投稿がワンアクションでできるように設定しているため、玉突き的にFB・TWに投稿されます。こと写真に関しては発言力が4倍になったと言えます。

しかし、Tumblrには大きな欠点がありました。それは他人のエントリーに「スキ」という意思表示や、それに加えて「リブログしてコメントを付ける」という事はできても、自分が「スキ」「リブログ+コメント」という意思表示を受けた場合、それに単純に返事を返すことができないのです。コメントを返そうとしたらエントリーに追加編集して書き込むのが精精でしょう。

だから、今回、「カトウセイサクショの万年筆に何色のインクが似合うだろう?」というエントリーに、親切にアドバイスを頂いてもすぐに返すことが出来ませんでした。こういう双方向性はやはり従来のBlogがやりやすいようです。 

ですので、これからは☆Now Playing☆(や写真)のように「発信」を主な目的としてリターンは「いいね」程度で十分、というときは(Flikr~)Tumblr~FB~TWの連携で。雑談的なコミュニケーションをしたい場合は従来のBlogという感じで行きたいと思います。

Tumblrへの移行のお知らせ 

拙Blogも、長期休眠状態も含めつつずいぶん長々とやってまいりました。

この間、当時は目新しかったBlogもすでに古いテクノロジーとなり、今ではTwitterが全盛を極めています。さらにBlogの進化形として「Tumblr(タンブラー)」なるものが出現し、そのフレキシビリティの高さに驚きました。

もう今や、Blog更新さえもずいぶん面倒に思えるほどになってきたため、これを機にTumblrへ主な軸足を移すことに致しました。もし、こんな拙ブログにお付き合いいただけるのであれば、今後は「mykoalife.tumblr.com」をご覧いただくようお願い申し上げます。

ただ、拙blogもそれなりに貴重なリソースを含んでおり、完全閉鎖も惜しまれるため、「過去ログ倉庫」として残しておくことに致しました。どうぞ、ご自由に閲覧くださいませ。

それでは今後とも宜しくお願い申し上げます。

なお、このブログの右コラム最上部に「Tumblr Blog」欄を設置し、RSSによりTumblrでの最新記事をご覧いただけるようにしておりますのでご参照ください。

万年筆を一本新調しました 




お陰さまで、無事に娘が第一希望の高校に入学しました。「高校入ったらなにがしたい?」と訊くと「オシャレしたい」といいます。何故?さらに訊くと「野暮ったい格好してたらナメられる」・・・なんて言うので、「じゃぁ、本物のお洒落とはなにか見せてやる」・・・とばかりに、前々から行きたかった大工町の雑貨屋さん「漂泊(はく)」さんに連れていきました。

それで漂泊さんの場所を確かめるために久しぶりにBlogを覗くと、最新のエントリーが「セルロイド製の靴べら」。折しも、先日、会社用の新しい靴を買ったばかり・・・これまでも仕事先で脱ぎ履きするときに靴べらがなく困る場合が多くて、さらに新しい靴だから靴べらなしで無理やり履くのが痛くて仕方なかったので、「これはグッドタイミング」とばかりに喜んだのですが、エントリーを読み進むうちにさらに驚くことが。

なんと、一年前にお亡くなりになった「セルロイド万年筆の名工・加藤清さんの手作り万年筆のデッドストックが数本入荷しました」と。しかも「普段使いの万年筆」を目指した氏の万年筆は一本\7000程度。これはまたとないチャンスと思ったものでした。ただ、そのエントリーを見つけたのが日曜日で漂泊さんはお休みの日(27日)。

エントリーが上がったのが26日。月曜日はどうしても休めなかったので、今日溜まっていた振替休日をもらって、娘と共に行ってきた次第。

「実質、1日遅れただけだから全部売り切れることはないだろう」と、タカをくくっていたところ、なんともう残り2本だけ。入荷したのは10数本ということなので「ギリギリセーフ」というトコロだったのです。しかも僕はBlogでみた「茶縞」があればいいな・・・と思っていたら、まさにそれが残っていたのです!

そのことを店主にお話しすると、さも嬉しそうにこう言いました。

「うちの商品って、結構そういう感じで『渡るべき人のところに渡る』んですよ~」

思っていたより小柄なペンでしたが、トラベラーズノートとペアにしようと思ってたので、かえってこのサイズのほうが嬉しかったり。なんだかうれしいですよね。ペンに選ばれたみたいで・・・




さて、問題の娘は「オシャレ」についてなにか感じてくれたのでしょうか?店を出てから訊いてみると「お洒落って、周りの評価とは関係ないんやな・・・」とポツリ。

を、解ってるじゃないの!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。