スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念ずれば通ず 



人間、常日頃から念じていれば叶うものかな?・・・

コーヒー、とりわけコナコーヒーには執着を見せている僕の日記ですが、あちこちにコナコーヒーの話をしていたら、最近、急に情報が増えてきました。そして、ついに先日、仕事でお付き合いのある人から「お裾分け」でコナコーヒーを頂いてしまいました!お土産用のフレーバーコーヒーですが、「コナコーヒーと聞いたらGAMさんに差し上げなくちゃ」・・・ありがたいことです。

チョコレートマカダミアナッツの香りが、甘く立ち上がり、かの島の旅情を掻き立てます。10%でもコナコーヒーのしっかりした味と滑らかさは充分味わうことが出来ました。

一旦、まとめ 



今飲んでいるのは、ブラジルに戻って「バウ・マラゴジッペ」。とにかくデカイ豆!でもなんだかお味のほうも大味な気がする。

さて、昨年末から始まった引き立てコーヒー生活、紛いなりにも3ヶ月が過ぎて、一度まとめてみた。

  豆         産地    感想
1:サントス      ブラジル  スムーズ!
2:イエローブルボン  ブラジル  さっぱりとした苦味(1)より個性あり
3:ウェウェテナンゴ  グアテマラ 余り印象なし
4:トルマリン     ブラジル  ちょっとマイルドすぎ、弱い
5:ワチュリピーベリー ケニヤ   ストロングな苦味でも、後に残るほのかな酸味
6:コナ        ハワイ   (5)と同じような、ストロングな苦味。
7:カグモイニィ    ケニヤ   ストロングな苦味の中にバランスの良い甘味。
8:バウ・マラゴジッペ ブラジル  マイルド。少し大味か?

こうしてみると、中南米のコーヒーは全体にマイルドでクリアな味、上品な味と言えるが、少々濃い目にいれないと「薄すぎ」の印象になってしまう。一方、アフリカ(ケニヤ)のコーヒーは普通に入れると「濃すぎ」になってしまう感じ。苦味が強いのにバランスのいい酸味が合ったり甘味があったりで、非常に男性的。今まで、サントスコーヒーが大好きな僕だったが、アフリカ系に鞍替えだ!

因みに、Lion Coffeeで飲んだ「Kona Coffee」は、アフリカ系の様などっしりとした苦味で、とてもイイ。

というわけで、今の所のベストコーヒーは、ケニヤ・カグモイニィ。すでに三回購入しました。注:この感想はあくまで「主観」です。

KONA Coffee ! 


やっと、高松市内でKona Coffeeを買えました。

勿論、こだわりのコーヒー店「●蔵」ではエクストラ・ファンシーが買えるけれども、¥2100/100gなんてのはクレイジーだし、その豆で淹れたコーヒーが一杯、1000円オーバー?

コーヒーなんてそんな高尚なものじゃないでしょう?

そんなわけでKona Coffeeをずっと我慢してきたのですが、高松市内に新しく出来た「ohana」というカフェでLion Coffeeを売っているという情報をキャッチして、今日買ってきた次第。

カフェのお姉さん曰く、「酸味も少なくてしっかりした味ですよ」との事。真空パックとはいえ、挽いた豆らしいのでとりあえず、お試しとして49g/¥350を一パック・・・



05.03.07補足

早速、今朝、淹れてみました、Lion Coffee。
「まいう~」です。

お姉さんのいう通り殆ど酸味は無く、ストロングな苦味。この所、我が家ではケニアのカグモイニィを定番にしていますが、丁度これと同じ感じで、とても、お気に入りになりました。

でも、やっぱり「挽きたてKona Coffee」が飲みたいなぁ。

こだわりの砂糖、和三盆 



牟礼の郷屋敷で「雛展」を見たついでに隣接の喫茶でお買い物。

昔の庄屋の屋敷である郷屋敷は格式が高いから扱う物も一流品。香川の名産品の中でも選りすぐりが置いてあるので、お目当ては一つ、名品「和三盆糖」だ。

今、香川で有名な和三盆糖のメーカーは東かがわ市にいくつかあるが、全ての作業に手作業を貫く「三谷製糖」が最高峰。全国に名高い金沢の和菓子も、三谷製糖の和三盆糖が使われているのだ。

片栗粉ほどのサラサラの砂糖は口に含むとフワーっと溶けてゆき、さっぱりとして上品な甘さだけが舌の上に残る感じ。決して後味がべとつくことは無いから、お茶菓子としてそのまま食べられるほど。これが珈琲・紅茶にも相性がいいのは言うまでもない。ただ、生産量が少ないからどこででも手に入るわけでもないんですよね~

さて、今回は珈琲専用の粒状の和三盆糖。180g=800円弱は高い?安い?

三谷製糖のHPはこちら

コーヒー豆袋のラグ 



今日のウクレレ作りの報告は、昨日の反対側の補強材を貼るだけなのでお休み・・・で、コーヒーの話。

昨日、嫁さんが友達の家の新築祝いにコーヒーを買うというので、いつものコーヒー豆屋さんへ。嫁さんはギフトセットを見繕っている内に僕は店の中を色々と物色していたら、コーヒー豆の袋を「お持ち帰り自由」という籠を見つけた。

生豆を入れてきた袋だから「ぷ~ん」と香ばしい香りがするわけではないが、麻の袋は通気もよさそうな上に意外と手触りが良い。早速一枚持って帰ったはいいが、広げてみると一辺1mほどもあり案外でかい。

さぁ、どう使うかなぁと思案に暮れた結果、自分の部屋の足元がフローリングで冷たいので「ラグ」にしてやることに。ただ「軽い」のですべるすべる・・・

なかなかオシャレな柄だと思うんだけど、あなたなら何に使う?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。