買っちゃった・・・いや、貰っちゃった!ネジザウルス 

バイク・クルマ、オーディオ修理をするなら一本は欲しかったネジザウルス、でも、普通に買うと2700円位していて高価いんです。で、なかなか手を出していなかったのですが、T-POINTが500pt位失効するタイミングで買っちゃいました・・・いや、正確には全部ポイントなので「貰っちゃいました」!

しかも、スペシャルカラーのイエロー。1999円の送料無料。そのうえキャップもついてる!!他のショップでは送料無料で1700円台のところもあったけど、このキャップを付けたらこっちのほうが安いです。特色だしね。

さぁ、これであのネジも、あのネジも外してやる!!

ファイル 2018-01-31 0 30 25

アンプどうしようか・・・ 

うちのメインアンプ、TA-F333ESRがお亡くなりになってから、今は父の形見のVictor MCA-105が老骨にむち打ちながら頑張ってくれていますが、流石にいつまでもメインを任すには荷が重いので、新しいメインアンプをどうにかしなくてはいけません。

さて、僕ももう50半ばですから、もう次に買うアンプが「最後のアンプ」になることでしょうから、いろいろなものを処分して10万くらいの資金はできそうですが、ちょっと借金してでも良いアンプを買おうかな・・・などと思っています。それでも20万円台までですが(笑)

真空管もやってみたいけど、これは多分泥沼だし、僕が手を出すには気難しすぎるのでやはりトランジスタアンプが良いのでしょう。

新品が良いというのは、中古機材で固めた僕のセットは調子が可笑しくなると「何が原因か」わからないからです。でもやはり今のものは20万円出しても「プラスティックパーツを多用した」安っぽいものばかり(新生Tを見よ!)で、どうにもスパッと決めかねる。それにいつまでもメンテしてくれるのかも不安だ。ということで、国産ならLUXMAN辺りが一番安心できるのでしょう。

ところがここで思わぬ伏兵がいまして、名古屋の兄が「電源の入らないKRELL KSA50をくれる(シャレじゃない・・・よ)」というのです。症状を聴くとどうも電源部のリレーがやられているようで、純正修理をすると4-5万とか!しかし、それが家に来るのなら、もうインテグレーテッドアンプは要らないということで、予算は全てプリアンプ」につぎ込めば良い。それで浮いた分でKRELLの修理もできるという結論に達しました。

C4もセレクターを自己修理するか・・・と思っていましたが、やめて「値段のつくうちに」、プリ購入の予算にしてしまおうと決めました。

KRELL、ちゃんと直してくれるかな?福山OSさんは、最近なんか昔ほど親身な感じがしないし・・・

熊本の「エイブル」さんは評判が良いらしいけど・・・エイブルさん

ESR、死んじゃった・・・orz 

大変残念なことに、今日、約30年にわたって、僕に音楽を聞かせてくれたアンプ、TA-F333ESRが死んでしまいました。

IMGP7885.jpg

先日からRchがガサガサして「音楽を聞ける」状態ではなくなっていたのですが、今日「プン」という音ともに沈黙し、終段からもく・・・っと煙が一条。もちろん、僕が色々と試したせいもあって、直接的、かつ最終的な理由はわかりませんが、多分僕のミスでしょう。その詳しい経緯は自分の胸に秘めておくことにします。

ありがとうESR。

IMGP7886.jpg

ということで老兵・Victor MCA-105に再登場を願います。これとてもSEA回路に何処か不具合を抱えているはずで、ずっとメインに使い続けるわけにも行かないのはわかっているのですが。今のところは、前回、隠居させたSEAの不具合は出ていません(SEA切ってはいますが)、TP10Mk4よりは余裕のあるいい音を聞かせてくれています。

いつか外装は酷いが音はまだ出ているESRのジャンクが手に入れば、外装を入れ替えるなどして復活させるかもしれません。しかしCDP-338ESDをMFCD2ADに代替えさせたように、そろそろESRから卒業する時期だったともいえ、潮時なのかもしれません。、

SEIKO MATICの凄いサイト 

昨日も書きましたが、兄から1964年11月製(つまり僕より一歳若い)と思われる62セイコーマチック・ウィークデータを、オーバーホールの上譲り受けることになりました。

この62系のキャリバーというのは、その後Grand Seikoにも採用された、元々の素性はかなり良い機械のようで、特に、今回譲渡される「35石」は最高級ラインのものになるようです。

そういう新入りを迎えると、自分なりに情報を集めないと気がすまない性格なのであれこれググっておりますと、ものすごいサイトがヒットしました。恐れ入ります・・・

セイコーマチック・アーカイブ

腕時計 

僕は、「凝縮フェチ」ですw。特に小さいものに「これでもか」と機能を詰め込んだものが大好き。だから、見た目より「ズシ・・・」と重い物が大好き。

考えてみれば、車の場合はデルタ。古い1400ccの車に2000・ターボ・4WDを突っ込んだ車だった。ちょっと違うけど、アプリでいくらでも機能を詰め込める「スマホ」も大好き。そうなると当然の帰結として「機械式腕時計」なんて究極に大好きだったりする。

一時期はBREITLINGのOld Navi Timerを持っていたことがあったけど、その辺のスイス時計は知れば知るほど嫌になって売り飛ばしてしまった。それと同時に国産のジャンクばかりちまちま集めるのも財力が足らなくなったから、RolexのEX1を買ったらピタッと時計趣味が止まってしまった(笑)

それくらいよく出来た時計です。Rolex EX1は。

当時は「キムタクが付けていたから」という、理由とも言えない理由で値段が急騰し始めて、僕のときは20万円ほどで買えたのに今や三桁に迫る勢い。断じていいますが、僕は「デイトなしのクロノメーターの一番安いやつ」を求めたらEX1になったのですから、そこ大事です。

さて、ある程度、趣味も時間が長くなると好みというものも定まってきますが、結局ぼくは「デイトなし・バーインデックスの中三針」が一番好きな時計のようです。そういう意味で一番はこちら・・・70's IWC。最高ですね。この頃はキャリバーも自社製だし。

IMGP7855.jpg


次いで、セカンドKING・・・デイトなしがいいですが、デイトありも気に入っています。

IMGP7858.jpg
IMGP7859.jpg


少し新しくなって56系のGS・KSもスッキリして好きです。

IMGP7864.jpg
IMGP7865.jpg


英国軍のCWCだって、無骨でよろしいですね。

IMGP7863.jpg


とはいえ、全部もう「メンテ」ができていないから気軽に使えません。今度兄から、オーバーホールされた「Seiko Matic」がいただけるようです。そちらが暫くはいいお供になりそうで楽しみです。