スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WatermanのHAVANA INKを試す。 

先日購入したカトウセイサクショの茶縞万年筆には王道に従って茶系のインクを入れることにしました。簡単に手に入るBrown系のインクといえばPelikanでしょうが、どうもPelikanの色インクはポップすぎて好きになれません。Blackでさえシャビシャビで、喪中はがきにはいいかも知れませんけど・・・

そんな訳で、渋めの茶系を探していたところ、ふと昔、間違えてWatermanのHavana Inkを買ってきて返品したことを思い出しました。当時の僕の使い方では「赤系」のインクはNGだったのです。「箱がセピア色しているんだから買うときに気がつくだろ」というツッコミは勘弁して下さい。当時はど素人だったので・・・

ということで、Havana Inkで試し書き・・・




店の人も「ずいぶん古いなぁ」と言いながら売ってくれましたが、まさか当時のボトルが結局手元に来たのではあるまいね?

コメント

こちらも

ハバナインキは気に入って使っています。
茶系インキって好きなんですよね。
とはいえ一番使うのはプラチナブラウン(カートリッジ限定)ですが。

仁右衛門半さま、遅レス申し訳ありません。

ハバナインク、色は気に入っていますが、裏写りが激しいのが玉に瑕です(同じWatermanのフロリダブルーは全然裏釣りしないのですが・・・?)

あと、このSchmidtのペン先と相性がわるいのか、どうも書き出しが掠れがちで困っています。カートリッジにスポイトで充填していますが、結構「棚ツリ」が激しいようで・・・

インクが長い間デッドストック状態にあったから・・・でしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/577-813a097d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。