スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADAC・ミステリー、その後 

あまりに理不尽なエア漏れに腹が立って、今日は無理やり会社を早めに切り上げ(残業を・・・ですよ)、夕食もソコソコにチューブを外して点検です。すると・・・

昨日は全くエア漏れはなかったチューブですが、今日は穴が空いていました。
しかも二箇所も!!

バルブから両側に向かって同じような距離(30cmほど)の横っ腹に小さな穴が一つづつ。目にも見えないほどの小さな穴ですが、エアを入れたらそこから漏れるエアで顔が涼しくなるくらい風が吹いてきます。

半日もエア抜けがなかったのに、車に積んで15分ほど走ったあとに二箇所も穴が開いた理由は全くの謎です。

ビードとリムに噛まれたのでしょうか?それなら1箇所ずつというのもおかしな話。修理の途中で異物でも噛んだのでしょうか?ビードを入れるのに、最後はタイヤレバーでこじるようにして入れたので、その時傷をつけたのでしょうか?今度はそのあたりを注意して組んでみましょう。

というわけで今度は「チューブ交換」ではなくて「パンク修理」の実習が課されました(笑)


コメント

おー、実は今日、わたしも自転車のチューブ交換しました。
とはいえ、普通の軽快車で、しかも前輪ですから楽なものです。
3台有る自転車の中の一台だけ構造が他と違うのでそれだけは後輪は自転車屋任せにしています。
その自転車もだいぶ後輪のタイヤが減っているので近いうちに交換でしょう。
たかがタイヤ交換ですけれどあなどれませんよね。
お疲れ様です。

二右衛門半さま、返事が遅くなりまして申し訳ありません。今週はなかなか暇がありませんでした。

このチューブはどうも外れだったようで、先週の土曜日、出張から帰った足で寒風吹きすさぶ中パンク修理をしたのもつかの間、結局バルブが不良だったということが発覚し、一気に嫌気がさして一週間放ったらかしになってしまいました(笑)

新しいチューブを買ってきたので、明日はもう一同交換に挑戦です。これで、家族の自転車のパンク修理くらいは自前でできるようになりましたのでちょっとは喜ばれそうです。

父親たる者、自転車のパンク修理くらいはできないと情けない気もしますからね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/566-d62044b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。