スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADAC・ここまで来たらミステリー 

さて、今朝再びチューブを外し、組み直し、7barまで空気を入れて一日放っておいたRADAC。

夕方、街中で用事があり、会社の駐車場まで車に積んでいく「パーク&ライド」でいこうという作戦。勿論、積み込む前にタイヤを点検しました。かれこれ7時間は経っていますが空気は抜けている様子はありません。

よしよし、と思いつつ会社に乗り付け、降ろそうかとおもった瞬間、愕然となりました。ほんの15分の間にエアがスッカリ抜けているのです!

もう、全く原因が解りません。こんな位ならビードにはさんでバーストさせた方がまだマシなくらいショックです。一体、何なんでしょうか、これは?

残る原因は次の2つ位。

1:二回目の時に傷つけた。
2:チューブは購入後一年半経っていたからこの段階で劣化したいた。

2は、当時モノのチューブが先日まで普通に使えていたことを考えるとなかなか考えにくいし、もう一度組み直して異常がなければホントにミステリーです。

☆追加☆

そういえば、「もともと新しいチューブが不良品だった・・・」って可能性もあるが、そんなの証明のしようもないしなぁ。

とりあえず、自分の作業がまずかったということにして、もう一本チューブ買いますか。

☆補足☆

「自転車」「チューブ」「不良品」でクロス検索をかけると案外たくさん記事が出てきて、意外と「新品」もアテにならないようだ。今回の分は、新品と言っても一昨年の「しまなみ」の時に買ったものだからもっとアテにならないけどね。

その記事の中で、細かい注意点として今後の役に立ちそうな記述を見つかけたので、忘備録としてコピペしとこう。

******************************************

タイヤにチューブを入れて装着していますか?
リムにタイヤを取り付けてから装着していませんか?
バルブのネジは空気を入れ終わった後取り付けていますか?
チューブに少し空気を入れてから装着していますか?

これらが一つでも満たされない場合
リム噛み込み、あるいはチューブねじれが起き、
スローパンク(微細な穴あきで徐々空気が漏れること)しています。

スローパンクチャーは自転車屋でも発見するのが難しいので
チューブを交換して対処します。

******************************************

一つ目の「タイヤをチューブに・・・」という記述はよく意味が分からないが、今回の交換では「リムにはめる」というよりは「タイヤに入れ込む」というイメージだったからそういう事かもしれない。

二つ目の「リムにタイヤを・・・」という記述と合わせると、リムにタイヤを付ける前にチューブを入れて、「タイヤとチューブの結合体をリムにはめる」というイメージになってしまうんですが・・・City Cyclesさんでもそうだし、どの本見ても最初にタイヤの片側のビードをはめてからチューブ入れてるけどなぁ・・・

3つ目は、たしかに組みあがった直後にネジをはめて空気入れてたなぁ・・・

4つ目は、僕の参考にした本にも書いてあった、一応そういたつもりだけど・・・

じゃ、次は3つ目に気をつけてがんばりましょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/565-0f7d53a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。