スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADAC・ブレーキ見積もりキター 

City Cyclesさんから電話がありました。

RADACのブレーキはオリジナルのダイアコンペがあまりにも効かないので、早いうちにブレーキは交換するつもりです。先日タイヤの交換時にある程度センターを調整してもらって多少は効くようになっても、今度はキーキー鳴くわ鳴くわ・・・

ただし、このRADACのブレーキ交換はなかなか一筋縄ではいかない。なんせ、取付け部品が「ナット式」という奴で、取付孔の経も小さい。このタイプのブレーキは今でも出ていることは出ているが、この自転車には特に「ロングアーチタイプ」というキャリパーが必要になるらしい。

それをCity Cyclesさんで調べてもらったところ、この二点をクリアするタイプが用意されれているのはShimano BR-R650というものだけになるとか。中古RADACには完全にオーバークィリティだけれども、安全に「過ぎる」はない。

これが前後セットで¥10000円。プラス、ワイヤー・アウターチューブ交換・取り付け工賃を含めて約17,000円とのこと。ただしバーテープが再生不可だった場合はその金額もプラスオン。

ちなみに「105」のキャリパーには「ナット式へのコンバートキット」があるそうだが、その場合は更に工賃プラスオン or 自己責任でどうぞ・・・という。キャリパー本体が多少安くなっても多分同じくらいの値段になる見込み。まだブレーキを自分でいじるほど知識や経験はないので、それなら今回はプロにおまかせしましょう。

またBR-R650は、Raleigh CREについているBR-R450(ロングアーチ!)の上位機種。だから、ゆくゆくRADACが退役したときには、現代用の枕頭ナットに「逆コンバート」してCREに移植も可能だし、ヤフオクで売り飛ばすこともできるだろう・・・と、どう転んでも損することはないとの判断から「基本・GO」を出しました。

さぁ早くお金を工面しなくちゃ・・・

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/560-97c6cfae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。