スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADAC・タイヤ交換 

年末から懸案になっていたタイヤをCity Cyclesさんで交換してきました。

開口一番「軽快性・グリップ重視(ケブラービード)にしますか?耐久性重視(ワイヤービード)にしますか?」と訊かれました。タイヤの価格的な差は殆ど無いので耐久性重視でシュワルベのワイヤービードのものにしました。ケブラービードのモノに比べると多少重いのですが、あくまで「通勤快速」ですからね。


リムテープは7mm幅くらいのゴムで、ちぎれちぎれになっており、ほとんど役に立っていませんでした。店長曰く「ママチャリ用だから弱いんですよ」ということ。新しいテープはナイロンだか何だかの樹脂製。「これは強いので数年は使えますよ」とのこと。シングルウォールのリムなので幅広のタイプを使うんだそうですが、その辺は今回は専門家任せ。チューブは予備が一組あるので経費削減のためにも流用しました。

タイヤ取り付け時に「ブレーキのセンターが狂ってるので、調整しておきました」とのこと。そういえばブレーキが引摺り気味だったので、新しくなったタイヤと相まってとても軽く走るようになりました。ありがとうございます。

タイヤ二本(3100円×2)+リムテープ(一組500円程度)+工賃二輪分で合計約¥10,000なり。これは消耗品だから仕方ない出費でしたが次からは自分でできるようになりたいものです。

☆City Cycles店長のワザ
1:タイヤとリムの相性で、ビード部が均一に噛み込まず、センターが出ない時があるので、そういう時はビード部に石鹸水をチョット垂らしてやるとスルッと収まるそうです。

2:バルブとリムを固定するナット、バルブキャップは無くても全然問題なく、「ツウ」なひとは使わないとか。まぁ、素人な僕は背伸びは辞めときます(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/555-c9dcfd09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。