スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Montblanc221 劇的ビフォー・アフター 

遂に買って着ました。噂の「ロットリング洗浄液」

地方都市の高松では、万年筆専門店オカヒサさんでも扱っていなかったので、いよいよ文具生活でお取り寄せか通販か?と思っていたら、なんと楽天で真っ先にヒットする店は高松のお店!灯台下暗しとは、まさにこのこと。電話確認して直接買いに行きました。




よく見るのは赤いキャップのものですが、箱から出すと白いキャップに汎用ボトル。ラベルもコピー(?)を貼り付けてあるだけで、随分コストダウンしてるなぁと言う印象だけど、パッケージに価値があるわけじゃないので気にしない。ちなみに「585282」がカタログ品番で、変わっていません。または、イタ車のパーツナンバーもよく変わったりするので電子カタログでは変遷が追えるようになっていますが、同様に、今の品番(Art)は「S0215410」で、昔の品番(R)として「585280」が併記されているのかもしれません。

早速、例の「カーボンインク固着しまくりのグリーン軸221」を漬け込んでみました。
漬け込み直後・・・液は透明。ピストンガイドの赤光りにご注目




サイトによっては数分後には(@_@)という記述もありますが、僕の場合は何も変化がなかったので風呂に入って30分後・・・多少のカーボンインクが溶け出していますね。コレは楽しみになってきました。




翌朝・・・かなり溶け出しました。タバコの吸殻を水に漬けたみたい。




もうこの後はあまり変化が無かったので省略しますが、昨日の晩まで丸5日間漬けっ放しにしてやったら、洗浄液が乾燥するのか量が減ってきたので、この辺が潮時・・・と水洗い。

では、劇的ビフォー・アフターをお楽しみ下さい。

ビフォー:インクタンクはフル状態までカーボンが固着し、ピストンのゴムも真っ黒。当然、尻軸はザラザラとした感触が伝わるほどで、回すのに一苦労しました。ピストンガイド・ペン芯もテカテカに赤光りしていて、よくもまあ、こんなにカーボンインクを固めたものだと驚きました。




アフター:なんということでしょう。流石にインクタンクの一番深いところまでは綺麗になりませんでしたが、主な部分は標準的な中古と変わらないほどにクリアになりました。ピストンのカーボンもすっかり取れて気密も充分。ピストンガイドやペン芯も本来の黒さを取り戻し、ニブと首軸の継ぎ目に固まったインクもすっかり無くなって、まるで新品のようです。




組みあがった万年筆に、早速、レーシンググリーンのインクを吸わせて試書き。カーボンインクを固着させたインクタンクでは、胸に差したときインク漏れを起こした経験があるので、ペンを立てて一晩放置しましたが大丈夫の様なので、これで合格。ひとまず黒軸221(2号)を休ませる為、そのホワイトスターを取り付けて、完成しました。常用なので、キャップはとりあえずクラック入りのグリーン1号からコンバート。




めでたしめでたし・・・今度は長持ちしてね。




コメント

おおー!
きれいになりましたね!
これでまた、使い倒せますな!
緑色がすごくお洒落です。
ほんと、このあたりのモデルは、割れやすいです。
使ってらっしゃる方は大変ですね。

カーボンインクにはロットリング洗浄液は必須ですね。
"極黒"を使っていたペンを水洗いの後に分解するとニブの裏にまだベットリと・・・
固着させなくても怖いインクですね。

>二右衛門半さま、mercuryoさま

返事が遅くなって申し訳ありません。
案外と、このグリーン軸の渋い色が気に入っています。
復活できて、本当に嬉しい限りです。

ペン軸は、ロットリング洗浄液の効果かどうか、
これまでのどの221よりもフローがよくなりました。

カーボンインク(説明書によるとIndian Ink=墨汁)
を溶かすこの洗浄液、どういう組成なのか知りたいですね。
何でもかんでも使っていいのか、わかりません。
メッキパーツを侵食したという報告も、見たことがあります。

ともあれ、これで、暫らくは221の呪縛から開放されそうです(笑)

 お久しぶりです。以前私のブログにいらした時から、ずいぶんと色々苦労されたようで、心中お察しします。(笑)←笑うなよ

 それにしても、「22」ではなく「221」を復活させるという大プロジェクト、すごい執念です。最近私はブログの方もほとんど更新できていません。(泣)

 あと、レーシンググリーン廃盤とのこと、非常に残念です。私も愛用していましたので、今のうちにもう一本くらい確保しておいてもいいかな、と思ったり、でもまだ買ってから10ccも使っていないのに勿体ないかな、と思ったり、色々悩ましいことです。

 ま、もしなくなってもスティピュラのグリーンで間に合わせるか。
  • [2009/11/05]
  • URL |
  • しまみゅーら
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/542-247b6d26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。