スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログな一日 

昨日は朝から、知人から依頼されたアナログレコードのCD起しでスタート。



実際は一度お渡ししたのですが、自分的に仕上がりに満足がいかず、もう一度作り直していたのです。今度は、まぁまぁの仕上がりではなかったでしょうか?

それを依頼主に渡す為、午後、玉藻公園・披雲閣へ・・・昨日は、お盆の披雲閣開放の最終日ということで、「かんの」という若い女の子のライブがあったのです。で、依頼主は披雲閣の人なので一石二鳥・・・いや、もう一つ目的があったので一石三鳥か。

「かんの」さんは、今年高校を卒業したばかりの可愛い女の子。披雲閣大書院の一角の、緋毛氈を敷いた「ステージ」に胡坐を組んですわり、PAもなく、生声・生ギターで歌うスタイル。ストリートライブで修行中との事でギターの腕はまだまだ磨かなくちゃいけないけど、声がいいし、よく出ているのできっといいシンガーになることでしょう。頑張ってね。

さて、依頼主にレコードとCD-Rを渡し、ライブを見て、三鳥目は「玉藻城写真コンテスト」に応募してね!・・・と言うことで、披雲閣の中をブラブラしながら写真を撮っていました。すると、奥から出てきた女性のお遍路さんと鉢合わせ。ミディアムな金髪の外人さんです。思わず「Hello」と声をかけたら向こうもニッコリ。

ドイツから来られた、「カトリンさん」という、スラッと背が高く物静かな女性。6月から一人で歩き遍路をして、既に74のお寺と阿波踊りを見て廻ったとか。「ニホンゴ、ムツカシネ」・・・とか言いながら、半分は日本語でコミュニケーションしました。というより、僕の英語、サビまくり orz...

畳の上で足を投げ出して外を見ている彼女の後姿がとても絵になっていたので、こっそり撮ろうかな?と思ったものの、「流石に無断はマズイか」と声をかけたら、こっちを向きなおして話し始めてしまい、「さっきの姿勢で・・・」というのが全然伝わりませんでした(涙)。

でもまぁ、綺麗なドイツ女性と暫らくお話して楽しかったので、いいか。写真を送るためにメールアドレスくらい訊いて置けばよかったな。もう一度、英会話勉強しなくちゃ。

今日はカトリンさん、讃岐国分寺を廻ると仰っていましたが、今日はメチャクチャ暑い日で、大丈夫だったかな?88寺コンプリートまであと少し、お気をつけて・・・

(閑話休題)

ここからは、全く話の質が変わります。

今回、コンテストの主催者でもある「依頼者」から、出品を頼まれたこともあって、生まれて初めて「コンテスト用」に写真を撮ることにしました。なので、レンズは自慢の24mmをK100Dに付けていきました。APS-Cなので36mm相当になってしまいますが・・・

ところが、これで写した写真のシャープさときたら、「キットレンズの中ではイチニを争う出来のいい」と言われるSMC PENTAX DA18-55/3.5-5.6なんて足元にも及ばず、「ホントに600万画素のK100Dの写真ですか?」と、持ち主が疑いたくなるほど。(その写真は、コンテスト落選が決まったらFlickrにアップしますね・笑)

やっぱり、レンズはMFの短焦点に限るなぁ・・・と思ったのです。

そうなると、俄然PENTAXの最新機種「K-7」に興味が沸きます。ガラスプリズム搭載の視野率100%ファインダーとはどんなものか?・・・と、

で、今日、写真をプリントに出すついでにキタムラ高松店で触ってきました。某掲示板の「馬鹿アンチ」共は「地方にはサンプル機も無い」と品薄感やペンタックスの商売下手を煽っていますが、ウソウソ・・・ちゃんとありますよ。

その他にも、馬鹿アンチは「ファインダーが暗い」とノタマイます。こちとら、K2DMD/MXのリアルユーザーですから「こんな明るいファインダー、アリですか?」と言いたいくらい。ピントの山がキリッと見えて、老眼の始まった僕の目でもバシバシとピントが合います。視野率100%とは言え、APS-Cなので小さなファインダーには変わりないんですがK100Dより余程大きくて見やすいですよ。

SDM付のレンズではあるものの、クック・・・と、二段階でピントを合わす挙動は気になりましたが、速さは充分。でもこのファインダーはMFで使いたいなぁ。

僕の手でもしっかりホールで出来て、かつマグボディのしっかりとした握り心地・・・。よくぞ、ここまで作ったよ、PENTAXさん。実際の画像も、世界の猛者がアップしているFlickrで確認しているから全く文句なし・・・このカメラが「気に入らない」という馬鹿アンチは、どこかモノに対する考え方が歪んでると思う。

買うお金が無いのが唯一の嘆き所ですが・・・

コメント

ありがとう

さっそくUSBメモリに取り込んで車の中で聴いています。
キッドナップブルース、あれから26年も経っているなんてね。

御朱印が押された掛け軸があるじゃないですか。
うちの祖母(父方・母方両方)がお遍路に行った折に朱印を押してもらっていたのですが1寺だけ押し忘れがありまして、両親がいつか押してもらいに行きたいと言っているのですが、いまだ実現しないままです。

ドイツでも日本のお遍路は有名なのですかね?

GAMさんお久しぶりです。

私もホテルで働いている時に、何度か外国から来られたお遍路さんを見かけましたよ。
白装束でただの観光っていう感じではなく、本格的な方々が多いです。
20ウン年も住んでる私よりもかなり深く四国の霊場のことを理解している方もあり、
本当に頭が下がる重いです。

私は今まだオーストラリアに住んでいますが・・・
帰国したら、まず日本文化と歴史を学びなおそうと思っているところです(笑
それくらい自国の文化について知らなすぎる・・・。
情けないことですよね。

>ホレ太さま
今度はマトモだったようで、よかったよかった。
音楽は、一瞬で昔に時間を戻してくれるので嬉しいですね。
僕の、20年前の愛聴盤はカシオペアです。

時間がかかるのが難点ですが、他にも聞きたいLPがあれば、
またのご用命をお待ちしております(笑)

>二右衛門半さま
おばあ様の「打ち忘れ」は、ぜひお越しになるべきです。
その際はお声掛け下さい。美味しいうどん屋さんで「お接待」
いたしますので!

欧米にも「Pilgrim」と言う言葉があるので「巡礼」という
習慣はありますが、もっぱら「観光地めぐり」の意味合いが
強いそうです。修行とか、願掛けの為の巡礼というのは
世界的にも珍しいと聞きました。

>emiさま
お久しぶりです。新しいブログも時々拝見していますよ!
(既にリンクに載ってますので)

オーストラリアは楽しそうですね。僕も若いうちに
ワーキングホリデイに出ればよかった・・・と後悔しています。

そうですか。案外外国人のお遍路さんも多いのですね。

歩き遍路を経験した人に話を聞くと「あ、今お大師様が
居たかも?」と思う瞬間が2-3回はあるそうです。

夜もくれて、前も後ろも解からなくなってしまって困っていたら
偶然、車が通りかかって載せてもらえた・・・とか。

彼女にもそんなことを説明したつもりですが、伝わったのかな?
「まだ、そういうことは無かったワ」と仰ってましたが・・・

そういう僕も、全然日本のことを知りません。そのうち気候が
よくなったら国分寺~白峰~根来寺あたりを歩いてみようかな?
と思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/539-dd2d5863

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。