スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンヒルのボールペンと・・・ 

Montblanc221の件は一件落着と思っておりましたが、一つだけ気がかりなことがありました。

その前に、手元にある221は以下の通り。
1:本来の221(O221-ウィングニブ)/首軸割れ・尻軸のホワイトスター無し=修理待ち
2:爪ニブの221(後期型)/完品(但しニブ先に曲がりあり)=現用
3:2本目のO221/完品=ストック中

このうち(2)は、尻軸を(1)のレストアとして交換したため、ホワイトスターが無い状態で常用しています。しかしコレが何とも味気なく見るたびに気持ちが萎えるので、以前ほど真剣ではないにせよ、相変わらずホワイトスターが残ったジャンク品を探していました。

するとこのほど、非常に汚いジャンクの221らしき万年筆が出品されているのを発見しました。使用不可とのことですが、ホワイトスター付き、しかもウィングニブじゃないですか!





汚いのは磨けばいいから・・・ということで、適当に相場と思われる金額をつけて放っておいたら落ちてしまいました(笑)。「パーツ取り」が多いのに越したことは無いし、もしかして首軸もちゃんとしていたら、本来の(1)を常用に出来ることになるので、まぁいいかということで。

今回はダンヒルのボールペン付だそうです。これまたキッタナイ状態ですが一応使用可・・・とか。

ボールペン、ましてやダンヒルというブランドには全く興味がありませんし、どうせ贈答用の安物ラインでしょうが、会社ではボールペンがないと複写式書類や咄嗟に他人に貸す場合に困ることもままあるので悪い話でもありません。とりあえず、到着がたのしみです。

コメント

あ,これは・・・

おはようございます。
見たことのある画像ですね(笑)
これ,No.22だとスルーしましたがよく見るとO221ですね。
私としてはウイングニブじゃないフツーの220/221を探してるわけですが,どうも最近ジャンクの出物が少ない気がしますね。

mercuryoさん、こんばんは。
見られていましたか(笑)私も、ファースト・Montblancがウィングニブでなかったらこんなに苦労しなかったのに・・・と思います。お陰で221だけは直ぐに見分けがつくようになってしまいました(笑)

私が221を探し始めた時は、結構221はジャンクも多かったんですが、ここ数ヶ月で急に見なくなりました。そして、落札価格もジリジリ上っているようです。流石に「箱付き・取説付美品」でもないのに¥19000スタートなんてのには誰も手を出しませんが。

明日には届くみたいなので、現物のアップをお楽しみに!

おお、これ、落札されていたんですね。
見てましたけど、今更ウイングニブもないものだ、と思っておりました。
でも、若干額入札ぐらいしていたかもしれませんが、どうでしたでしょうね?
落札できなかった品については忘却の彼方に追いやるのが通常なので記憶があやふやです。
今、目を付けている萬年筆が、代行業者が最高額を付けているので邪魔してやるかどうか考えています。
でも、たぶん手を出さないだろうな。

このダンヒルボールペン、まだ店頭に並んでいた頃を覚えていますがなかなか良い品ですよ?モンブランによる委託生産品です。

二右衛門半さまにも見られていたとは・・・御恥ずかしい。

私のMonrblanc集めの目的は(1)を復活させること、ついでに失われていたホワイトスターをつけてレストアすることだったので、こういうのを見るとつい、応札してしまいます(笑)

さて今回はボールペンの方にも価値があるとのことで、少々驚きました。Montblanc社製なのですね?とは言え、あまり好みのシェイプではないので、あくまで実用としてのめりこまないように気をつけたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/536-941a1ee2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。