スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 30年目と一年目 

気にしていたつもりでしたが、気が付いたら僕の「Pentax Life・30年」が3日も過ぎていました。母から高校入学記念としてMX(B)+M50/1.4を買ってもらってからそんなに経ってしまったのです。思えば遠くへ来たもんだ・・・




今や、カメラはデジタル時代。今年はPentaxも起死回生の一打として「K-7」を送り出しました。今は某掲示板でも「初期不良」の嵐で大変なようですが、直ぐに落ち着くことでしょう。K100Dも好調なので買い替えはなかなか出来ませんが興味津々です。たまにはMX・K2DMDともにフィルムを詰めて知らない町をブラブラしてみたいものです。が、30年後にK100Dが元気でいるかどうかは分かりません。

一方、早くからデジタル化された分野の一つであるオーディオでは、最高峰のDATも結局プロ現場と一部のオーディオマニアに支持されたに留まり、庶民の手に届く前に静かに消え行きつつあります。10年ほど前に、中古をやっとの思いで手に入れたSONY/TCD-D10PROも、修理することそのものが非常識な時代となり、遂にファイルレコーダーに代替となりました(泣)




やってきたのはTASCAM/HD-P2。なんと、192KHzのサンプリングまで対応し、f特は40Kも楽々クリア・・・ポータブルでここまで出来てしまうなんて、恐ろしい進化ですね。

コメント

うわぁ、スゴイですね。
私の方はさすがに機械物に弱くてカメラはちょっと手を出していないです。
オーディオの方もちと耳が悪いので充分に活用できるかどうかわからないのでなかなか大枚をはたくのはね・・・。
さりげなくある狸が笑えます。

二右衛門半さま、こんにちは。
とりあえず、Montblanc221騒動が収まったので、鳴りを潜めてしまって申し訳ありません。今後は安い万年筆を物色して行こうと思っています。が、万年筆はあまりアンティークショップやガラクタ市では扱っていないようで残念です。

カメラのほうは、下手の横好きと言うヤツで、ご覧の通り30年もの間に色々溜まってしまいました。PENTAXはここに出ていないものでは撮影しているK100Dと細々したオプション類がありますが、僕なんかかわいいほうです。新機種が出るたびに買い増しできる方々が羨ましいですね。

オーディオも、そんなにお金をつぎ込んでいるわけではなく、殆どは就職直後の給料で揃えたアンプ・デッキ・スピーカーです。その後はカメラと同じく中古道をまっしぐら・・・新品の機材なんて、10年ぶりです。

カメラ、オーディオ、万年筆、車・・・これらはやはり「新品の味」を知らないで語ることは出来ないものばかりですので、中古道をいくら極めても中途半端になってしまって、困ったものですね(笑)

狸・・・20年ほど前に友達から三匹セットで頂きました。その時僕も「???」が頭に浮かびました(笑)

あっ・・・KX・・・私も持ってます。昨日使ってました。

mercuryoさん、こんばんは。
mercuryoさんもペンタックスユーザーでしたか!最近は肩身が狭いお話ばかりでしたが、逆光に滅法強いSMC PENTAXレンズを使い出すと、「CだのNだの・・・笑わせんなよ!」って気になりますね(笑)がんばれPENTAX!

ちなみに、我が家のKXは、K2DMDの腐食したプリズムを直す為のドナーとして購入したジャンク品でしたので、撮影は出来ません。正直を言うと、MXよりこれらKシリーズの方に深い愛着のある私です。

今後はカメラのお話も、ぜひチャチャ入れにお越しくださいね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/532-9d841ef6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。