スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Watermanも研究する-2(補足) 

最近、よく拝見する「二右衛門半」さんのサイトから、直々にWatermanの菱形マークについて解説を頂きました。有難うございます。二右衛門半さんによれば、めでたく信じていたとおり18Kのニブであるそうです。

それにしてもこのWatermanは、凄いハイ・コストパフォーマンスなモデルですね。片や天下のペリカンが14Kモデルで最低2万円なのに、こちら1万円のモデルに18Kですよ!ちょっと嬉しくなってしまいました。軸だって結構しっかりした感じで、Montblanc221の薄皮の様なプラスチックとは全然ちがいます。そのあたりは今後の研究で実際の数値で示せれば楽しそうです。

さて、そんなWatermanのニブの刻印をもう少ししっかりお見せしようと思ったのですが、何せ「ブツ撮り」が苦手な私、こんな小さなマークを目一杯クローズアップするなんて出来そうも無かったので手書きにて・・・

ルーペが無いので、足元に転がっていたMinolta-SR1の標準レンズ「Auto Rokkor 55mm/1.8」を拝借・・・贅沢なルーペだな(!)




でも、もう目の悪くなった僕にはこれが限度でした・・・orz


<090524補足>

どうにも気持ちが悪いので、ついに意地になり、カメラケースの奥に放り込んでいた「接写リング」を持ち出しました。実に25年ぶりの出動です。




案外、悪い線ではなかったようですが・・・

菱形を真ん中のラインで上下に割っています。上の四角く潰れているように見えたのは、やはり潰れてはいるものの「W?T」あたりのアルファベットに思えます。もしかして「WATerman」・・・メーカーのことでしょうか?

そして下の方は大体あっていました。明らかに「S.A」ですね。

このマークについては、正直な所「謎」のままです。いわゆるHallmark(金を検査した役所(Hall)の印(Mark)なのかどうか・・・、特に上半分が「WAT」だったとしたら、単なるメーカーのマークとも取れますし。まだまだ研究は続きそうです。

コメント

ご明察!

すいません、昨日は忙しくてこちらにはコメントできませんでした。
フランス製では18Kと書かれていればそれで18金ソリッドゴールドの意味です。
で、刻印についてですが、「たぶん」メーカーごとに独自規格の刻印をしています。
一般的なwatermanの刻印では四角いのが多いです、ル・マン100のクリップ真っ正面に見られるあの四角い刻印です。
いずれにせよ、フランス刻印は調べるのはやめておいた方が無難だと思います。

二右衛門半さん、こんばんは。「勘違い」とはこのことだったのですね。よく分かりました。18Kと書かれた段階で金ペンだったとは・・・

さて、マークの方はやはり「Hallmark」ではないのですね。「ルマン100」で検索したら「万年筆評価の部屋」さまで紹介されており、ペン先の写真にしっかり同じマークが入っておりました。

上の文字はWATにも見えますし、S.Aは、同じラテン語圏の国であるイタリアでもよく社名の後ろにつくので、さしずめ「ウォーターマン株式会社」あたりの意味では無いか・・・と考えています。

ホールマークは、イギリスは流石にきっちりとまとめられていますが、フランスはそういう研究本さえ存在していないようですね。確かに近づかない方が吉のようです(笑)

ちなみに・・

ちなみに、金表示があやふやであてにならないのは、私の把握している限りでは日本と中国ぐらいのものです。
ご存じだと思いますが、中国での金表示は14Kと書かれている場合、ソリッドもメッキもありえます。
日本製も正確な年代はわかりませんが、金表示があやふやなのが散見されます、14K表示がしてあっても実は9Kだったり10K(?)だったりメッキだったりとか・・・。
アメリカ製を装った日本製というのもありますけれど、その場合、金表示は当てになりません。

中国はさもありなんとしても、日本もというのがさびしい限りですね。その昔は「黄金の国」ZIPANGといわれた国なのに・・・

とりあえず、14年前の自分を褒めてやりたいです(笑)

日本では

戦争がありましたのでしかたないです・・・。
戦争前後と、明治大正の頃のと思われるものは判断が難しいです。
愛好家といえども実際に入手される方は少ないと思われますから、私のような物好きを除き、大抵の方には縁がない話です。

それにしてもこのwatermanは良かったですね。
良い時代でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/526-b37999fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。