スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Montblanc 221の研究-1 

我が家のMontblanc221、悲しくも首軸の割れによって使用不可になったため、ヤフオクなどでジャンクを買い求めて復活させる道を選んだのは前のエントリーで書いたとおり。

で、早速一本目のJunkが届きました。一般的な「爪ニブ」タイプで吸入式の221だ。写真は申し訳ないけれど出品者様のモノを拝借した。というのは、この221・・・一つの重要な教訓を残してくれたからだ。



曰く、「キャップに8mm程度のクラックあり」とだけ書いていたから、勝手にジャンクのつもりで入札した。しかし、ペン先に歪があるならそれは書いておいて欲しかったな。この写真からでも、それを知りながら見れば奇妙なラインの崩れがわかるんだけれど・・・



「ネットオークションで売られている万年筆の多くは程度が悪い」という巷の定説を、身をもって知った気がした。ただ、我が家の221では既に失われていた軸尻のモンブラン(雪)マークは残っていたからこれはこれで価値はある。

早速バラして我が家の221と見比べてわかったこと・・・

1:我が家の221は、インクビューのゴールドリングを紛失していた・・・orz
2:この二本はインクタンクの形が違い、首から先の互換性がなかった
3:2に関連して、ピストンのゴム形状も、若干、形が違っていた
4:胴軸と回転部分のパーツは完全に同じ>軸尻の雪マークはイタダキ!
5:キャップは完全互換のように見えるが、入れ替えるとなぜかカチッと填らない

・・・と、まぁ目論見どおり・目論見はずれ相半ばといった所。

ペン先のゆがみは気になるけれどインクフロー・書き味は良好で実用にはなるから、総合的には今回の授業料\3100は間違いなくリーズナブルだった。



コメント

 私も、ニブが曲がったペンを買ってしまったことがあります。パイロットの「シルバーン」型のペン先を持つカスタムです。

 でも、どうせ元々壊れているんだから、ということで、私は大胆な自己調整の餌食にしてしまいました。1本は激ポスティング、1本は激ウエーバリーに。見た目はボロボロですが、ものすごく書き味がよくなり、手放せない2本になってしまいました。

 授業料¥3,100…もっと活用してみませんか?(悪魔のささやき)

 いや、やっぱやめといた方がいいかもしれませんね。(笑)
  • [2009/05/18]
  • URL |
  • しまみゅーら
  • [ 編集 ]

しまみゅーらさん、こんばんは。
僕は、万年筆の使用歴は12年ほどになりますがあまり用語について詳しくありません。ポスティング?、ウェーバリー?どのような状況をさすのでしょうか?是非ご教示下さい m(_ _)m

3100円の授業料をもっと活用することに興味はありますが、調整も何をどうするやら・・・です。221のツメニブタイプのジャンクは多いので、是非試してみたいですね(笑)是非こちらのほうも(笑)

仕事サボり中

 「ポスティング」「ウエーバリー」は、パイロットの万年筆のニブにあるバリエーションで、ポスティングは下向きに、ウエーバリーは上向きに反ったペン先です。パイロットの公式サイトでは見つけづらいですが、筆記具専門店「ペンハウス」のサイトのパイロットのページに画像付きで解説されています。ぜひご覧ください。

 万年筆の調整については、「万年筆評価の部屋 万年筆は刃物」で検索すると、万年筆調整とはどんなものなのかが書いてあります。一度ご覧ください。

 他力本願で申し訳ありません。(笑)
  • [2009/05/20]
  • URL |
  • しまみゅーら
  • [ 編集 ]

しまみゅーらさん、こんばんは。「万年筆評価の部屋」は、既にリンクしておりましたが、「万年筆は刃物」シリーズまでは見ておりませんでした。

今、ざっと見てきましたが、まだまだ僕の手を出せる領域ではありません。何せ心得としての「最低10本」がクリアできていませんから・・・

ポスティング、ウェーバリーの件有難うございます。パイロットのサイト、見に行ってみます。

初めまして,Montblanc 221を検索中に発見しました。
221初期モデル(爪ニブ)を持っていますが,初期型はインクビュー部分にもともと金リングはありません。マイナーチェンジ後のタイプから金リングが付くようになりました。
またマイナーチェンジでキャップ内の部品(バスケット)が増えているため初期型の首軸(実は若干太い)にはそのままでは微妙に合わないようです。
それにしてもウイングニブの221とは珍しいですね。
インクタンクが違うとは思いませんでした。初期221と前期220のインクタンクは全く同じ(部品の色は違う)なのですが。。。

mercuryoさん、こんばんは。金リングのことなど良い情報を有難うございます。

ジャンクで手に入れた爪ニブの221と我が家の221では、キャップを交換すると、どうもしっくり来ないのは内部の構造が変わっていたからなのですね?

そういえば、我が家の221は天冠を取ったらキャップの中身が一気に出てきましたが、爪ニブの221はどうしても出てきませんでした。そういう差のせいでしょうか。今度はキャップの中ももう少し観察してみようと思います。

インクタンクの違いについては、Montblancとて、所詮は工業製品だから共通部品に違いないと思っていただけに、違うと分かった時は意外でした。しかし、逆に22>221への移行型と考えた場合、余りものの同じニブを使っている訳なので22と221のインクタンク~首軸が共通部品である可能性は高いな・・・と踏んでいます。インクビューの幅が違うのは気になっていますが。

ただ、221のパーツ取りとして22を使うのは本末転倒なのでやりませんよ(笑)。22のジャンクがあれば試してみたいものです。

これからも是非遊びに来てください。お待ちしています。:-)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/523-8971e408

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。