スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Montblanc 221、割れちゃった・・・そして 

もっと早く、あの噂を聞いておけばよかったのに・・・と、後悔先立たず。




「あの噂」とは、シェーファーのインクは他のメーカーの万年筆に使うと割れるというもの。まさか・・・と思いきや、実は我が家のシェーファー・ジェットブラックは、(前にも手書きBlogで書いているが)既にWatermanのコンバーターも割っているし、そして今度はMontblanc221を・・・これは偶然だろうか?

調べるとMontblanc221の頃はプラスチックの軸が割れやすいという評判も聞くし、Watermanも軸までは割っていないので因果関係はわからないけれど、全く無いともいえない状態。しかし、まぁ割れちゃったものは仕方が無いので、今後の復活方法を考えましょう・・・と言うことで。

方法-1:雑誌でも有名な万年筆工房で軸を別作
方法-2:ヤフオクで221のジャンクを買ってきて「ニコイチ」

方法-1は、どこでも最低1万~1万3000円と、もう一本万年筆が買えそうな値段になるので非現実的。第一、こんな特殊な形の軸を作ってくれるのか?と言うことで、現在、方法-2を模索中。ところが、この段階でMontblancに俄然興味がわいてきてしまい、悪い「Mono好き」の虫が疼きだしました。あれこれ調べるうちに、これは「ウィングニブ」という特殊なペン先を持つタイプかもしれないうことがおぼろげに判ってきました。

見つかるまでの長期戦を覚悟して、とりあえず手元の221を一度徹底的に研究してやろう・・・ということで、とにもかくにも「分解洗浄」だ!




ペン先・キャップ以外の、本体部分を極限まで分解したのが上の写真。そして注目のペン先は・・・




これが「ウィングニブ」ですか!通称「イカペン」というそうですが、確かにイカの様な形。でもこの形ゆえにペン先自体がしなって独特の書き味が出るんだそうで・・・

続く・・・あれ?僕の手にノギスが!








コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/522-598947ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。