スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この一ヶ月で、3ボトル・・・(手書きBlog) 




この万年筆の最初のカートリッジは、「オーストリア製」という以外、一切素性不明のBlackでした。しかし無印良品にとっては「純正」であり、フローもよくて黒々とした発色も綺麗で、たかだか¥1000の万年筆としては感動的な一本とさえ思ったものです。

ところが、「恒常的な入手しやすさ」を求めてPelikanのカートリッジに変えた途端に掠れまくって、印象は最悪になりました。特に間違えて買ってしまったBlue-Blackの色の薄さは「喪中ハガキ」の薄墨並みで、ショートタイプだったとは言え6本も我慢しなくちゃいけないのか・・・と暗澹たる気持ちになったものです。

しかし、それをを使い切る直前ごろからイキナリ何かのツカエが取れたようにフローがよくなって、いかにもブルーブラックらしい濃い色になったんです。

いわゆる「当りがついた」ってヤツでしょうか?

コメント

私も

 リンク、ありがとうございました。私の方にも入れておきますね。(^^)

 私も無印持っています。私のはポケットタイプのもので、同じドイツのシュミット社製のペン先が付いたものなのですが、、、全く同じ経験を今しています。

 というのは、今、私の無印は全然インクが出てきてくれないからです(泣)。私もペリカンのブルーブラックが使ってみたくて入れていたのですが、それに変えた後は一切満足にインクが出ない状態で、自己調整の餌食となりました。

 しかも調整しようが何しようが全然出てこない…。

 でも、使い続けると出てくることもあるんですね。ちょっと気長に使ってみようかな。
  • [2009/05/06]
  • URL |
  • しまみゅーら
  • [ 編集 ]

しまみゅーらさん、こんばんは。わざわざ有難うございます。
汚い字を晒してしまってお恥ずかしい限りですが(笑)

本当に何もしていなくて、「早く使い切ってブラックに変えよう」とだけ考えていたら急にフローがよくなって驚きました。それでBBも悪くないか・・・とボトルを買ってきたのですが、今度はボトルとカートリッジの色の違いに驚きました。

勿論、ボトルの方が発色が綺麗で気に入っています。カートリッジのBBは、フローがよくなってもやっぱりグレーが強い色で、あまりブルーが入っている気がしませんでした。

しまみゅーらさんの無印も早く当りがつきますように!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/520-95e4578d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。