スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記練習中 

昨年末に買ったトラベラーズノートにセットとしてつけていたMontblanc221は、どうも相性が悪い。極細のペン先は紙を削ってしまうのか裏写りが激しく、紙の両面に書く「手帳用」として使うには具合が悪い。特に右下から左上に向けてペンを走らせるときには下手したら紙を破ってしまいそうだし、ここでいつもインクが掠れる。これは、トラベラーズノートとの相性というよりも「僕の字との相性が悪い」のだろう。

決定的に「トラベラーズノート+Montblanc221」を諦めるきっかけになったのは、純正のペンホルダーには「太すぎる」ことが判ったこと。これでは抜き差しのたびにペンホルダーが一緒にすっぽ抜けて具合が悪いことこの上ないし、皮の表紙にも無用な傷がつく。

かといって、LAMYは「字」が太すぎて、書くスペースの小さめなトラベラーズノートではせせこましい。という訳で、細い軸の細字の万年筆をさがしたら、どうも「無印良品の万年筆」がいいらしいという情報を目にした。・・・で、早速買ってきました。


直径10ミリで完全な円柱形だからペンホルダーには申し分ない形。そしてペン先はどうせステンレスか鉄だろうが、ピカピカのクローム鍍金が施され、生意気にも飾り彫りが入っている。しかも「イリジウム」のポイント入りじゃないか!アルミの軸は適度な重さもあり、首には細かいローレットが入って滑りにくい。質感的にも、1000円そこそこの万年筆とは誰も思うまい。

さて、問題は書き味。

LAMYの、鉄ペンらしいガリガリとした書き味と比べるともう少ししなやかだが、それよりもインクフローがいいのかあまり力を入れなくてもしっかり書ける。思えばLAMYはインクを入れてもなかなか字が書けるようにならなかったけれども、こちらはほんの数回線を引いただけでインクが出てきた!。

スルスルとかけるのはイリジウムのペン先の恩恵だろう。だから紙を削らない=裏写りしない。侮りがたし、無印良品の万年筆!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/506-3d85795e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。