スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mement Mori (トラベラーズ・ノートブック) 

そろそろ来年のスケジュール帳を・・・と思って、前から目をつけていた「Traveler's Notebook」を買った。



レインボーロードの文具生活で、半年程前にみかけて一目惚れしていたものだが、なかなか買うチャンスが無く、スケジュール帳の更新がいいきっかけ。

ミドリという文具メーカーのオリジナル商品で、A4の三つ折がそのまま挟めるサイズの一枚革に、ゴム紐でリフィルを挟むだけという極めてプリミティブなつくり。それだけに、サイズさえ合えばどんなものでもリフィルになってしまうというのがウリで、特に国際線の航空券(Bording Pass)を挟んでおくにはピッタリなサイズだ。

旅先でみつけたフライヤーやチケットの半券など、どんどんフィリルに貼り付けて一杯になったら外してまとめておけるので「情報の蓄積」をする喜びがある・・・のだとか。言われてみれば、僕は、特に海外旅行へ行く時は必ず日記をつけるけれど、特に決まったフォーマットでやっている訳ではないのでどうも統一感に欠けるし、結果的にはバラバラになってしまう。

その点を見透かされたかのように、このシリーズにはリフィルをストックしておく「ボックス」まで用意されていて、なかなか憎いところを突いてくる。

今の僕は定期的に海外旅行(国内だって)をするような身分では無いけれど、自転車も始めたことだから、「日々の生活も旅だ」というような気分で過ごしてみたいものだ。

このノート、シンプルさゆえにカスタマイズも自由で、特に女性なんかはビーズやボタンなどを留ゴムにつけてオシャレに飾り付けている人も多いらしいが、僕も栞の先に、ある「曰く付き」のトンボ玉をつけてみた。

「曰く」とは、二年前、シンガポールでのこと。イスラム街で、写真に夢中になって人気の無い場所まで踏み込むということをやらかしてしまい、大方「Hold Up」に近い状況に陥ったとき、相手の兄ちゃんが僕を騙す為に使った小道具が、これ。

無理やり足を引きとめ、にこやかな雰囲気で話し出すと、やおら簡単なマジックをやって見せて「俺は、そういう力を持っているから解かる。お前はラッキーな運勢が顔に出ている。お前にこれ(トンボ玉)をやる。これはお前のラッキーを引き出してくれるものだ」・・・とか何とか言ったあと、おもむろに手帖を取り出し、子供たちがたくさん写った記念写真を見せる。で、「この子達は貧乏で恵まれない子供たちだ・・・な?解かるだろ」という。つまりは「てめぇ、募金しろ! by泉谷しげる」というわけだ。

僕はポケットに突っ込んでおいたお札から$2(120円位)札を渡そうとすると、彼は横に首を振り、「そんなのではたりない、$50(6000円)でも$100(12000円)でいいんだから」と、少し凄み始めたのでもう一回ポケットを探ってそのとき持っていた一番大きな札$5(600円)を見せ、「これ以上無いよ」と言った。「そんなはず無いだろ?お前、日本人だろ?」「日本人だって無いもの無いよ」と押し問答少々の末、彼は「シケた野郎だ」とでも言いたげに$5札を掴んで去っていった。そのとき一緒にいた仲間は「かなりヤバイ」と思っていたらしい。

実際、彼にその気があるなら僕のカメラを取り上げることも、バッグを全部開けて見せろということも出来た(バッグには$50位は入れていたはず)し、その上で「所詮、日本人旅行者の一人二人・・・」という気も起こさない保証は無かったわけで、随分とラッキーなことだったのだ。

そんな訳で、これは「Mement Mori(死を意識しろ)」、または「簡単に人を信じてはいけない」という自戒の念を思い起こさせてくれるトンボ玉であり、これから「日々を旅する」僕にはうってつけのお守りなのです。

コメント

ミドリさんの文具は大好きで、この手帳も以前からカッコいいなぁと思っていました。
ただ、「トラベラー」でないので、買うに至りませんでした・・・。

私はもともと手帳に何かを張ったり挟み込んだりをしすぎて、膨れてしまうタイプなので、
このくらいの容量があるほうがありがたいのですが。
手帳は未来のことも過去のことも記すものなので、特にこだわりたいものですね。

私はGAMさんのトンボ玉のような経験はありませんが、
色々と遭遇した言葉や経験を、手帳の余白に書き込むようにしています。
人からもらった言葉や、共感した言葉、目標に思うことなど。
それが私の自分自身に対する「戒め」であり、「お守り」です。

「日々の生活も旅だ」という言葉、確かにそうかもしれませんね!
そう考えると、私も実はトラベラーだったりするわけですね。

emiさん、こんばんは。
トラベラーズノート、使い勝手もさることながら
質感が良いので、触ってるだけでも楽しいです。

ただ、例の「お守り」は、つけた翌日からあまり
よくないことが連続で起こり、お守りでもなんでもない
ことが判明しました(笑)外した瞬間からテキメンに
物事が好転し(とは言ってもチョコチョコ残っていますが・・・)
笑いました。

やはり、こうした「曰くつき」のものは良くないみたいですね。
来年の初詣の時にでも、神社の「とんど焼き」出してきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/494-f0d83e33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。