スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!SUBARU、WRC撤退・・・ 




こちらには車のお話は書かないつもりでいたけれど、単に車だけのお話でも無いので「超」私的日記で・・・

昨日、既に予想記事が流れていたので驚かなかったけれど、やはりSUBARUがWRC(World Rally Championship)から撤退することが決まった。日本で唯一「ヨーロッパ的」発想で車を作っていたメーカーであり、「レオーネ」時代からコツコツと世界ラリーに挑戦してきたメーカーがここで撤退と言うのは、スバルユーザーとしても非常に悲しいけれど、これも時代の流れだろう。

つい先ごろも、ホンダがF1から撤退、昨日はスズキもWRC撤退のニュースが流れていた。

これについて、某所で「日本のメーカーは、苦しくても続けようと言うスタンスが無い。自動車文化が低い」などと書いている人を見たので、「じゃぁ、ランチアもそうなのか?」と問いただしたら、それを書いているうちに、「アルファロメオ・ジャガー・ポルシェ・ロータスなどもレースを撤退してますが、何か?」みたいな感じで次々カキコミされていて、ちょっと気の毒になっちゃいました(笑)

さて、僕は、別にSUBARUを擁護するつもりもなければ、やたらと金がかかる利権の塊になってしまったようなモータースポーツ界を批判するつもりもない。言いたいのは「そろそろ、ガソリンエンジンの時代は終わったんじゃないのか?」という想いだ。

僕は、ハイブリッドカーが出来た頃から「早く、電気自動車がガソリンエンジンと同等の動力性能を持ったスポーツカーになればいい」と思っていた。妙に未来的な格好なんてしている必要は無く、例えばGTRとかRX8の電気自動車版や、今なら水素エンジン自動車版が出れば絶対みんな買うし、ガソリン離れも加速度的に進むに違いない。

WRCだって、非力なマシンからGr-4>Gr-B>Gr-A>WRカーと進化してきたし、駆動形式だってFR>FF>4WDと進化してきたんだから、今は電気自動車・水素エンジン車が、重さとか航続距離とか価格とかで遅れをとっていても、WRCのレギュレーションの中で競い合っていけば直ぐに追いつくし、そこで優位性をアピールすれば、新車買い替えの需要喚起だってできるはず。

新車が売れないのは、不況も勿論あるけれど、ガソリン依存の危うさや環境保護へと理由がシフトしている時代なんだから、モータースポーツもいち早く変わるべきだと思う。

コメント

いま私が乗っている車はトヨタ・プリウスとスバル・サンバー。まさに“対極”な2台、現代のクルマ作りの先端技術の粋を集めたのがプリウスなら、スバル360で培ったRRの技術を受け継いでいるのがサンバー。
エコ・CO2削減などが早急な課題なので、そちらの技術開発の“土台”の場のヒトツがレースと考えるならば「ハイブリッド・電気・代替燃料」のカテゴリーが必要だと私も思います。

ただ、個人的に悲しいのは「スバルが軽自動車の生産から撤退して、次期サンバーはダイハツ・ハイゼットのOEMになる」というコト。
“モノを積んで走ればいい”のユーザーには関係ないコトですが「軽トラック・軽バンを買うならサンバー」の指名買いをしているユーザーが多いのも事実。運送会社の「赤帽」は全車サンバー(それも耐久性をより向上させた赤帽仕様)だし、JAがスバルに特注しているのは「営農サンバー・JAサンバー」。
私のサンバーは昭和63年式ですが、リアシート倒して“ロックバンドの楽器と機材全部”を積んだ状態でも、名阪国道の急坂をグイグイ登る逞しさには感動さえ覚えました。
なので、正直な気持ちは「スバルはスバルのままであって欲しい」というコト。モデルチェンジしなくていいから、RRのサンバーは“日本版・ワーゲンバン”として生き残って欲しいな…

なんか本題から外れましたが「親子でスバリスト」な私の正直な思いを書かせて頂きました。」

スバルがWRC撤退ですか・・・
あまり車には興味がない私ですが、
WRCは別の意味で関心を持っています。
地元の高山自動車短大のチームが
学生メカニックのチームを毎年派遣しており、
今年は、ドライバーを先生が務めるという
「オール高山短大」チームで臨みました。
使用している車はずーっとスバルです。
各自動車メーカーやディーラーなどの協賛金で
まかなっている部分が大きく、来年からこれも
どうなるか心配です。

>クロちゃん、こんばんは。
今まで軽トラ・軽箱バンについて深く考えたことが無かったんだけど、クロちゃんがサンバーについて熱く語るから調べてみて納得しました。これほどまでにSUBARUらしさが横溢した車だったとは!

実際に感動しています。赤帽専用の「赤帽シリンダーヘッド」とやら、見てみたい!!まるでシャア専用の様な・・・赤帽払い下げのサンバーなんかがあったら、欲しいかも。

こんなに需要がハッキリしている車をやめるかも知れないって、やっぱりTOYOTAの傘下に入った影響なのでしょうか?はそんなに感覚の鈍い会社じゃないと思うんだけどなぁ、TOYOTA。僕ならダイハツにOEMで「作らせる」な・・・

全国の赤帽業者に総決起したら、あるいは?いい方向に決定が出ることをお祈りします。

>Toich
高山自動車短大のチームは凄いね。スバルはマイナーなメーカーだったから、こういうことをさせられるゆとりがあったんだね。

でも、今回撤退したのはワークス活動で、SUBARUの森社長のインタビューを聞いていると、「量産車ベースのGr-N(つまり、高山自動車短大チームの様なプライベーター)向けの支援は変えないと約束する」と話しているようだから、当面、安心できるとは思う。

ただ、モータースポーツの世界では、開発を停めると一気に旧型化が進んで戦闘力が(相対的に)低下するから、長期的に見ると苦しいかも。

同じ森社長の言葉で「将来的に電気自動車でWRC参戦もありえるかもしれない」とのことで、今回のエントリーで書いた僕の持論も、あながち的外れではない様な気がします。

需要が見込めるならメーカーは必ず乗ってくるから、FIAはここに活路を見出すしか未来がない様な気がするね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/493-2fc678ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。