スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクロクロスを見てきました 




善通寺市の鉢伏ふれあい公園で行われた「さぬきシクロクロス in 善通寺」に行ってきました。シクロクロスというのは、自転車(Cyclo・仏語)で行うクロスカントリーと言う訳で、モトクロスの自転車版と言うところでしょうか?

フランスを始め、ヨーロッパではツール・ド・フランスに代表されるロードレースと並んで人気の高い競技だそうで、オリンピックの自転車競技の種目にもなっていました。自転車に興味を持ち始めた頃に地元で開催と言うのも何かの縁と思って、嫁さん・子供(下の坊)をつれて見に行きました。

公園の駐車場に着くなり、まわりの道では色とりどりのジャージの選手達がウォーミングアップ中で、気分がワクワクしてきました。いろんなメーカーの自転車が見れましたが、Raleighはなかったな~

あまり知識が無いため、一番メインのレース「C1クラス」だけを狙って見に行きました。これは公園の中と周辺の道路を使ったコースを一時間(!)周回するんだそうです。死にそ・・・


(流し撮りは追いついて無いしピンも来ていない・涙)

レースがスタートしてもエンジンが無いだけに会場は静かで、なんだか粛々と行われている感じ。女性のMCが、北京オリンピックにも出ていたと言う選手とかけ合いトークで盛り上げていましたが、終盤に近づくにつれてチームの関係者(?)から色々と怒号が飛ぶなど熱くなってきました・・・

結局、このクラスは招待選手のBarry Wick(USA)選手・冒頭の写真)とAdam McGrath(USA)選手がぶっちぎりの1-2フィニッシュで終わりました。まだ「楽しみどころ」が分かっていないので、ふーんと言う感じで見ていましたが、どちらかと言うと「出る方が楽しい」競技かもしれません。

障害物や坂道などは自転車を担いで走ってもいいという「ユルい」ルールですが、一瞬の状況を判断して最適な方法で走り抜けると言う、なかなか頭を使うレースなんだそうです。




そのユルさを反映してか、この後に行われたキッズのCKクラスでは、大人と同じMTBでキメた子供たちに混じって、普通の子供用自転車で、それも補助輪が取れたばかり・・・の様な女の子までエントリーしていて、和みましたね~




コメント

行きたかった~

楽しそうですね!
昨日、今日と休日出勤で、今帰ってきたところです。
鉢伏公園にはそういえばMTB風の貸し自転車もありましたよね。
数年前に子ども二人を連れてぐるぐる自転車でめぐったのを
思い出しました。
砂利の坂道でおもいっきりドリフト??したりして楽しかったです。

写真をみて思ったのですが、なんだかタイヤが細いですね。
ただのMTBじゃないのかな。どちらかというとクロスバイク
に近いのだろうか。
そんなのでダートを走るとなると・・・こりゃすごい競技
ですね。

>○sakaさま

モトクロスのように音が派手だったり、ジャンプやドリフトなどモーションが大きいと見ているのも楽しいですが、シクロクロスの場合は、その点、地味なので「やった方が楽しいかな?」と思いました。ツール・ド・フランスの様なロードレースなら見ているほうが絶対いいですが(笑)

体力さえあれば、決して出来ない競技じゃないと思いました。実際、そんなに高価な自転車じゃなくても参加している人がいましたし(GIOSのPURE DROPも見ました)。ただCREでやるか・・・というと、勇気がありませんけど。

タイヤが細いのは、元々、ロードの選手が冬のトレーニングとして始めた経緯があるそうなので、そういう傾向が強いんじゃないでしょうか?また今回のコースはターマック(舗装路)が長そうだったのでそこでのスピードアップを狙ったタイヤチョイスかもしれませんね。

実際C1クラスでは、全てロードベースの自転車ばかりでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/489-88025f90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。