スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主役の帰還(TA-F333ESR) 




永らく修理に出ていたアンプ、SONY/FA-F333ESRが帰ってきた。不思議なことに音響屋・Kさんのところについた途端ホワイトノイズは消えて、症状が再現しなかったらしい。ただ配線を一箇所いじったらボソボソっと大きな音がして、その配線を留めたネジを増し締めしたらそこからは何もいわなくなってしまったらしいので、案外そのネジの緩みが原因だったのだろう。

とはいえ、20年近くも現役で働いてきたからここらでリフレッシュしてもらおうということで、ゆくゆく劣化しやすいコンデンサやトランジスタなどを交換してもらった。これでまた10年は現役でいけるだろう。

音響屋・Kさんの話では、このアンプには一切奇をてらったり特殊な回路はなく、とてもオーソドックスなアンプだったらしい。「ただ、ゲインは大きめのアンプなので共振を防ぐ為のバランス(コンデンサや抵抗の値の選び方)には独自の妙があるかもしれないね」・・・との事。

あと、終段の石はかなり特殊なものが奢られていたいたらしい。石のメーカーからSONYなどへ直納するスペシャルバージョンで、広域の伸びがいいものだとか。だからこれが壊れたらいよいよ最期になる。代替はあるだろうが、音質に大きな影響がでて「別物のアンプ」になってしまうからだ。

さて、大汗をかきながら配線をしなおし、最近のお気に入り「風にさらわれた恋/Linda Ronstadt」を聴く。一曲目の「Lose Again」の冒頭から感動してしまった。この曲はピアノをバックにしただけのLindaの圧倒的なボーカルからスタートする。「またひとりぼっち」という邦題がついているとおり、その孤独感をこのイントロだけで聴かせてしまうLindaはやっぱり凄い!




この部分の静けさが既に違う。ただ静かなだけでなく空間の広がり方からして、代替に借りていた「TRIO/KA-7100D」とは全く違っている。それからリズムが入ってきて段々盛り上がっていくのだが、ドラムのスネアやらタムの響き方がとても生々しくて、最新リミックスですか?と思うほど。少々大きめの音量で聴くとLindaの声と全ての楽器がグイグイと前に出てくる感じ。いや~、よくぞ戻ってきてくださった!

修理費はパーツ代(実費)+気持ち=\14,000。勿論、もっとお金を出せば良いアンプも買えてもっとシアワセになれるかも知れないけれど、それとは違うシアワセに浸っております。

コメント

我が家のアンプもかなりの年代物でして、VICTOR P3030(プリアンプ)+VICTOR JM-S7(パワーアンプ)の組み合わせです。30年近く前の製品で、我が家(私の部屋)に約10ほど前にやってきました。コレの元々の持ち主は名古屋市内の某飲食店のオーナー。店を開いた時に“超高額”なオーディオセットを店に設置していた“名残り”。その後カラオケなんかを導入し、一式丸ごとオーディオショップに買い取ってもらうハズだったのですが「アンプ一式だけは売らない方がいいですよ」というショップのアドバイスで、店に生き残っていました。
生き残っていたと言っても、置き場は客が座るカウンターの端の足下。埃と油煙まみれになっていて、なんとも可哀想な状態。マスターに「これじゃ宝の持ち腐れですよ、私に売って下さい」と言っても「いや、これは店を立ち上げた時の思いの込もったモノだからダメです」とのお返事。←なら、大切に保存しなさい!
で、月に一度ぐらいのペースで店に行っては、マスターに「本当にもったいないよ、アンプは使ってナンボですよ」と“やんわりと説得”していました。
で、ある年の年末に店に行って飲んで食べて会計を済ませると「クロさん、アンプ使ってくれるんだったらお譲りします」のお言葉が!!当然即決で購入(代金は後日清算ですが)アンプ一式と、マスターの深い思い出を10万円で譲り受けました。
早速タクシーに積み込んで帰宅。同時は公団の団地(エレベータなし)の5階に住んでまして、私は軽い方のプリアンプ、重いパワーアンプ(20キロ!)は運転手さんが階段を運んでくれて無事に自宅に搬入。ノイズを出すので“だましだまし”使っていた、父からもらったSANSUIのAU-777と入れ替えて今日までなんの故障も無く動作しています←今年の1月に父が他界したので、AU-777は今となっては形見の品。使ってないけれど押し入れに大事にしまってあります。

この先を書くとあまりにも長くなるので(既に長いですが)今度お会いした時にお話しましょう。←その時、お時間あったら私の部屋見てみる?

うちの今のアンプはKENWOODのKA-V7500というAVアンプ。
学生時代に日本橋で購入したダイヤトーンのレシーバーは
元GBSアナウンサーのT氏に嫁入りしました。(まだうごいているのかな?)
十数年経過しましたが、元気に動いています。
今のAVアンプはフォノ端子がないので、次に購入するときは
2チャンネルのアンプにしようかなと思っています。
さて、いつになるやら。
自宅ではスピーカー(NS-1000MM)を鳴らす機会が最近ほとんどなく、
やんちゃ姫にコーンをやぶられないよう、サランネットつけたまんまです。

>>Toichi

ダイヤトーンのレシーバー・・・おぉ、あれにも随分お世話になったねぇ(笑)おなつかしや!

KA-V7500も、調べてみたら結構良いお値段のするアンプだね。お互い、別に、「雲の上」機材ではないにしても、自分のお金で買った初アンプはコレ一台しかないし、大切にしたいものだ。

NS-1000MMを鳴らすアンプなら、もう少しでっかいアンプが良いかな?最近のHard●ffやヤフオクだと、例えばTA-F555ESRでもお値打ちに出ているから試してみたら?知り合いのマニアに整備してもらったら(今回の僕みたいに・・・)、安上がりだし、楽しいよ。

>>クロちゃん
なかなか味のあるお話だね。Victor/P-3030+JM-S7も調べてみたら、立派なビンテージものじゃない!元持ち主の夢も一緒に買ったのなら大切に使わなきゃ、バチが当たるね(笑)

サンスイ・AU-777も、これまたヴィンテージだね。アンプは案外と修理して使えるみたいだから、Toichiに言ったのと同様で、知り合いのマニアに相談してみたら?ぜひまた使えるようにしてあげたいね。

今度の名古屋の時にはそんなお話もできたら楽しそう。クロちゃんの家で「オフ会」も悪くないけど、今、何処にすんでるんだっけ?また、Mixiのメッセージででも教えて頂戴!会えるの、楽しみにしてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/476-959575ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。