スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島レコード(080531版) 

先日、知り合いと、音楽雑誌でよくやる「無人島レコード10枚」の話になった。本当に無人島にもっていっても仕方がないから、要するに「究極のベスト10」という事だ。

さぁ、僕なら何を持っていくか?

ナンバー1は文句なくコレで決まり。だから何も解説は無し・・・


1:Kind Of Blue / Miles Davis

知り合いは「Tapestry / Carol Kingは絶対に外さない」と言って、僕もその時は「あぁ、そうだね」と同意したものの、今落ち着いて考えると、僕は持っていかないかもしれない。あのアルバムの深さと演奏の良さは認めるが、底に流れるテーマが「重い」のだ。だから自分が本当に落ち込んだ時にしか手が伸びない。つまりあれを聴く時は自分の精神状態がかなりネガティブな時なのだ。そして僕には、もっと孤独な環境でも仄かな希望の明かりをともしてくれる人がいる。それがShawn Colvin。キャロル・キングのように向こうから合いに来てくれるような優しさはないが、落ち込んでいる僕をよそに、朝までギターを爪弾きながら隣で歌ってくれるような、そんなさり気ない気使いをしてくれるアルバムだ。

2:Cover Girls / Shawn Colvin

3位は、実際に車の中でこの一枚だけが延々と廻っていた時期もあるコレ。ジャズとロックの両方の格好よさを高いレベルでハイブリッドしていて聞き飽きることが無い。あまり説明の必要もなし、名盤。

3:Aja / Steely Dan

ここまではあっさり決まった。それ以下はもう少し考えると・・・

4:Hawaiian Munch / 山弦
5:Wave / Antonio Carlos Jobim

この二枚は僕の究極のリラクゼーションアルバムだ。山弦はアコースティックギターの響きが気持ち良いし、なにより選曲の妙とメロディを大切にした演奏が素晴らしい。AC Jobimは、メロディ・ストリングス・ピアノ・・・その全てが完璧だ。

さて、コレ以下が本当に難しくなってきた。Beatlesは外す訳にも行かないけれど、コレ一枚となると難しいのでベスト版に逃げました。そして僕の音楽ルーツのひとつであり、最高に気分がいいときには何故か手が伸びるYMOと、もう一枚は最高のBGMであるAzymuth。

6:1962-1966(赤盤) / The Beatles
7:Live At The Greek Theater / The Yellow Magic Orchestra
8:Brisa Brazileira / Azymuth

Azymuthといえば「クロスオーバー・イレブン」のTM「水平線上を飛ぶ」を含むセカンドアルバムがあるのだけれど、一枚とおしてベストかというとつらいので、Far Outレーベルのベスト版。これも赤と青があるが、クールな青がお気に入り。これがあれば蒸し暑い夏でも心地よいうたた寝を誘ってくれる。

最後の二枚はもう順不同で、次に選んだら変わっているかもしれないということで、これが080531版たる所以。

9:Ry Cooder / Ry Cooder
10:Luck Of The Draw / Bonnie Raitt

Ryはウディガスリーの「ドレミ」をカバーしているが、この曲のカッコよさはなんだろうね?全く。Bonnie Raittは、もっと初期にもいいアルバムがあるけれど、このアルバムの「大人」な感じは、夜を少しだけゴージャスにしてくれる。仕事でHawaiiへ行った時も、ホテルで一人FMと波の音を聞きながら寝転んでいたら、このアルバムから「I Can't Make You Love Me」がかかって、本当にいい雰囲気だったなぁ。

あと、次点には「Wired / Jeff Beck」「ハーフノートの夜 / Wes Montgomery & Winton Kelly Trio」「Italian Graffity / Nick DeCalo」「For You / 山下達郎などなど・・・ふう疲れた。という事で今聞いているのは8のAzymuthだったりする。

コメント

Kind of Blue

解説いらずの「Kind of Blue」、久々にひっぱりだしてきて聴いています。
私にとっても、様々な(でも大したこと無い)思い出の詰まっているアルバムです。
無人島に持っていくとしたら・・・というのもありますが、実際に無人島のような場所で聞いてみたいかも?

私も考えてみましたが、10枚だけ選ぶことはやはり難しかったです・・・。
まだまだ「これだ!」というほど沢山の音楽に出会えてないのかもしれません。

でも、実際に今持っている中で「無人島レコード」なんて考えると、クレイジーキャッツあたりをえらぶかもしれないなぁ(笑)
なんとなく困難を乗り切れそうな気がします。

emiさん、こんばんは。やっぱり誰にとっても究極の10枚を選ぶのは難しいですね。だからこそ面白いのでしょう。ベスト3や5じゃなくて、10にしたあたりが憎いです。

クレジーキャッツですか・・・人に歴史ありといいますが、emiさんの歴史も、ナカナカに面白そうです。同じ観点で一枚含めるなら、僕は「Niagara Fall Stars」にするかもしれません。

さて、解説ナシといった「Kind Of Blue」の何が凄いか、自分なりの解釈を見つけました。このアルバムには「代替」が無いんです。「代替」という意味では、Bill Evansでさえ似たようなプレイヤーはいるし、Miles Davisにだって模倣プレイヤーは一杯いる。

それなのに、Kind Of Blueというアルバムは全く似たような作品が見当たらない。他のアルバムなら「それが好きなら、これも好きだろ?」と勧められるけど、Kind Of Blueを出されたら「じゃ、これも」と引き合いに出せる作品は、当のマイルス自身のディスコにさえない。

奇しくもジャケ裏の解説で、Bill Evansがこの作品を「書」にたとえていますが、「良くぞそこに気がついた!」と思います。

力説しちゃってごめんなさい(笑)

「代替がない」・・・うーん、なるほど。
私は何も考えていませんでした・・・。
そういう話を聞けば聞くほど、ひとつのアルバムに深みが出てきますね。
時間がたっても色あせないものって、そういうところが周りと違っているのかも。

この話をしているとふと思ったのですが、いろんな人と「10枚」を交換してみたいですね。
その人その人の想いが詰まっているだろうし、新しい世界も知ることが出来そうです。

Kind Of Blueに「代替が無い」というのは、書いた以上何か
自分なりの理由を考えたいな・・・と思ってひねり出した答え
ですから、初めて聴いた時には大して何も考えていませんでした。

ちなみに、emiさんの10枚はどうですか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/473-08e3edb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。