スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンプ騒動 

スピーカーが新しく(?)なって気分よく音楽を聞いていたら妙なことに気が付いた。アンプのボリュームの位置に関わらず、常に「サー」というホワイトノイズが乗っている。カセットテープの無音部分を走らせておくとヒスノイズが聞こえるが、あれが常に聞こえているような状態。

「あれ?このアンプ、こんなにSN悪かったっけ?」
・・・と、ヘッドホンで試してみようと、スピーカーセレクタをOFFにする。

「ヴン・・・」という鈍い音。
「あれ?こんな音したっけ?」・・・と何度かオン・オフ・A<>B切り替え。
そのたびに「ヴン・・・」

まずい、こんな音は絶対にしていなかった。

これが新品から使っている人間の良いところ。通常の状態と違うと直ぐに「ピン」とくる。ネットの掲示板等で情報収集をすると「コンデンサーの劣化」「トランジスタの劣化」と言う情報が寄せられ「あぁ、来るものが来たか・・・でもなぜこの(スピーカー新調)タイミング?と、ため息の一つもつきたくなる。

結果的に、以前セレクタとスピーカーリレーの交換をお願いした音響屋・Kさんに再び修理を依頼することに。Kさん曰く「まずはコンデンサーでしょう。それでどこかが発振を起こしているんだと思います。でも、音そのものは正常ならトランジスタまでは逝っていないでしょう。それに、そういう場合はまず片チャンずつやられますから、今回みたいに左右に同じ音が乗っているということは電源系かもしれませんね」との見立て。

海外ショップだが、サービスマニュアルをPDFでダウンロードサービスしてくれるサイトがあったので、そこからTA-F333ESRのマニュアル(回路図・分解手順・パーツリストで$9.90)を購入し、一緒にお渡しした。

本当は、前にKさんに直していただいたとき「つぎ壊れたら真空管アンプに逝きますよ」と話していたくらいだが、いざ壊れてみると、やはり就職した初期の給料で買ったものだし、直せる間は直して使おう・・・と。

Kさんの場合、趣味でアンプが家にゴロゴロしているとのことで、代替アンプ(TRIO KA-7100)まで出していただいた。もう、この際だからコンデンサーやらトランジスタやら全部取り替えて、ゆっくりやってくださいませ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/472-e6f28e84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。