スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LAMY、ちょっと期待ハズレ 

まぁ、実売3000円の万年筆だからそんなものかといえばそんなものだが、ちょっとLAMYは期待ハズレだった。スチールのペン先が固すぎるのは許すとしても、インクフローが悪いのか、リズムに乗って書こうとしていると、すぐに掠れる。

僕の字を書くときの癖は横にはチョンと、縦にはさ~っ、巻くときは大きくクルンとという感じだが、「チョン」のあとに「さ~」とか「クルン」をやると、結構な確率で掠れる。ゆっくり書けば大丈夫だが、それでは僕にとってはリズムが非常に悪く、どんどん早くなって、結局掠れ文字を連発する羽目になる。ネット上では「カリカリと書きやすい」という評判を多く見るが、僕にはとても「カリカリ」書けるペンには思えない。

ヌルヌルとインクが出てくるWatermanを体験しているからだろうか?それともまだ僕がLAMYに気を使っているのだろうか?もう少し様子を見てみる必要アリ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/451-eb9efc01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。