スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hilo Strings に想う 



Hilo Stringsは、昨日言ったとおり、黒弦とはいえ、ちょっとマットな感じなので多少ざらざらした指ざわりだが、さらさらとした粉をまぶしたような感触ともいえる。だからかもしれないが、フィンガーピッキングをしていると、しゃらしゃらした拗音がでてちょっと気になるようにもなってきた。ピックでガンガン弾くならいいのかも?

そういえば、Hilo Stringsの産地はKurtis Townという。ハワイ島の東海岸の町、Hiloの少し南東にある町のようだ。僕は、パッケージに書かれたものは何でも調べたくなる性質なのでインターネット時代は実にあり難い。そして調べ始めると、こんなサイト迄見つけてしまい、またもや「ハワイへ行きたい」病が再発するのであった。

B&Bで、一泊$70か・・・安いじゃないか!前にコナで泊まったときは一泊$110も払った物だが、今行くならこういう所の方がいいよなぁ、しかも、オーナー、ハッピーそうだし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/45-b631a99e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。