スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小人、閑居にして「買い物」を為す 

9月から11月の殺人的スケジュールがやっと一息ついて、12月の初めは少しだけ暇になった。こうなると、これまでの鬱憤を晴らすには男も女も「散財」と相場が決まっている。会社には「年に一度は海外旅行に行くことに決めているの」と澄まして語る女史もいらっしゃるが、「あの人は住む世界が違うんだから・・・」と受け流し、小人は「食べる」か「ちょっとした買い物」かのどちらかだ。

・・・って言うわけで、前々から買い足しをしたかった万年筆を物色しに行った。

この所、月数枚のCD以外ほとんど買い物をすることも無く、そこそこ蓄えができたため「少々良いものを」とも思っていたけれど、予算2万円程度で探すと、どれも帯に短したすきに長しと言う感じでなかなか決められない。アウロラ・ペリカン辺りで考えていたんですけどね。

で、目をつけたのが「LAMY」のサファリシリーズ。ドイツのデザイン工房によるペンで、本来は子供にペンの握り方を教える為のものらしい。だからグリップの親指と人差し指がかかる部分が面取りされていて非常に握りやすい。カラーもビビッドなイエロー・ブルー・レッドなど、カラフルなのが人気。ただ、今回買いに行った店ではグレーしか無かった。




実際、3000円弱で買える手軽さもあって、遂に一本購入しました。

早速試書きしてみると、流石にスチールのペン先は固めで、紙によっては随分と引っかかるだろうが、僕は筆圧が強めなのでこれくらいが良いのかもしれない。それに今回は仕事用の雑記ペンだから気を使わずガシガシ使いたいからね。

しかしLAMY、ケースはなかなかお洒落な紙ケースだが、中には取り説も保証書もない・・・これは買ったお店が悪いのかな?


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/449-fa4cf78e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。