スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tasty6(香川)・讃岐黒豚のとんかつ 

道の駅の隣に隣接したレストランと言えば、普通の人は十中八九「ドライブイン」的な店として注意を払わないだろう。僕も同じだ。が、道の駅ながおの東隣にある「ほしごえの里」はちょっと違った。「香川県で讃岐黒豚の料理を食べられる唯一のレストラン」と言うのが謳い文句というのは、つい最近知ったこと。

とんかつを始め、豚肉料理愛好家の私としては行かねばなるまい・・・と食べてきましたよ。「讃岐黒豚のとんかつ」




「分厚い・でかい」が第一印象。そしてお味は「美味い」の三拍子です。程よい歯ごたえの肉は淡白な味なれど、噛締めると甘い。透明感のある、カリッと揚がった衣も軽やかな印象を助けてくれる。

普通、僕はとんかつにはソースをタップリかけて食べるけれど、ここのとんかつにはあまり濃い味のソースをかけたくない。それほど肉の本来の甘みがいいんである。ご膳にはポン酢・大根おろし・ソースが付いてくるが、今回はポン酢+大根おろしだけでいただきました。

実は、3日前にも仕事でこの店に立ち寄り、讃岐黒豚のステーキを食べたのだけれど、全く同じ印象。赤みの残るレアな焼き上がりの肉を、鉄板にジュージュー押し当て食べるのだが、わさびと荒塩でいただくのが一番美味しかった。「潔い味」と思った。

香川県は農畜産物に力を入れており、豚は「讃岐夢豚」と言うブランドを推し進めている。県内のスーパーのどこででもお目にかかるものだが、讃岐黒豚は意外に少ないと言うのは「非常に飼育が難しい豚」なんだからだとか。それがこの店では年中頂けるのは、この店がファーム直営の、いわば「アンテナショップ」ならでわの事、らしい。

だから、とんかつ定食\1000(ステーキは\1300)と、僕の基準では高級店という部類であったとしても、とてもリーズナブルという四拍子をつけられるのです。

ご馳走様・・・

コメント

先日はありがとうございました。
取材の時に「とんかつを食べにまた来ます。」とおっしゃっていたので予想はしていましたが、あんなに早くRepeatして頂けるとは感激です。

ちなみに、あのときのとんかつは夢豚のほうでした。

黒豚のとんかつは200gのボリュームサイズでさらに感動して頂けること間違いなしです。

年に2回、「桜祭り、もみじ祭り」には格安で夢豚の解体ショー的なことをしていますので是非お立ち寄り下さい。

真部さん、こんばんは。あっさりBlog、見つかってしまいましたね(笑)このBlogの「Tasty」のカテゴリーを見ていただくと、少ないながら、僕の「とんかつ遍歴」を見ていただけます。美味しいとんかつ(トンテキも)を食べるためならどこへでも、すぐにトンで行きますよ。

そうですか。あれは夢豚でしたか。それでもすばらしく美味しいとんかつでした。ソースをかけなくても十分美味しいんですから。これは、黒豚のとんかつも制覇に行かないと駄目ですね(笑)

桜祭り、日程がわかったらまたお知らせください。今度は友達も連れて行きたいと思います。店長さんにもよろしくお伝えください。

蒲野さんのイメージがどんどん変わっていくBlogですね(笑)

先々週東京に行って来たばかりだったので、もう少し早く見ていれば~(次、絶対行きます!)
私は半蔵門に泊まっていたので、浅草も秋葉もメトロでGoですよ。

実は山形の三元豚をそのとき初めて食しまして、「むむ、これは夢豚に似てる」と思ったくらいで美味しかったですね。

これからも見させて頂きますのでよろしくお願いします。
桜祭りの日程が決まり次第ご報告します。

真鍋さん、こんばんは。どんなイメージからどんなイメージへと変わっていくのでしょうか?気になるところです(笑)

「いもや」と「丸五」は対極的な豚カツ屋さんでしたが、どちらも美味しい店でした。是非次の機会に行ってみてください。蔵前の店ももう一度行きたいですが・・・

桜祭り、是非お知らせください。楽しみにしています。

追伸:ここは全くプライベートな空間なので「GAM」で名乗っております。失礼ですがそこだけ修正させていただいて構いませんか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/428-f84b1292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。