スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロロカーボンを止める訳 

フロロカーボンを止めることにしました。音は、決して嫌いではありません。むしろいい音だとも感じていた位。でも、やめにします。

今日、2-3日ぶりにウクレレを取り出したら、1弦が外れていました。この1弦は巻いても巻いても延びてきて、どうもそのうち切れるかブリッジを傷めるか心配していたのですが、なんと、ブリッジからすっぽ抜けていたのです。しかも、その時に結び目がブリッジの内側をえぐった様で、切れ込みの両側に溝が掘れていました。小さいのですが、構えてブリッジを見ると目立つのです。

僕は、こういうところが結構神経質なところがあって、「もしかしたらすっぽ抜けが癖になってしまうかもしれない」・・・なんて不安で、ブリッジを交換することは出来ないか?と思ってしまいます。アキオ楽器さんなどでは、輸入楽器は新品でも必ずブリッジを外して位置調整する・・・って言うくらいだから無理ではないんでしょうね?問題は、コストに見合うかどうか?

この弦は非常に細く結び目が小さかったのでこういうことになったようです。最初からもう少し大きく結び目を作ってやればよかったのですが、後悔先たたず。このえぐれたブリッジで我慢するほかは無さそうです。それに細すぎる弦は1弦だけ弦高が低く、なんとなく違和感もありました。どうも、フロロカーボンは、音以外の所で僕には相性が良くなかったようです。

取り敢えず次は、普通の太さの弦のHigh-gで、「普通」に戻そうと思っています。



怖いですね (Loaded) 2004-10-03 03:16:21

コアロアのブリッジは想像するだけで痛々しく感じてしまいます。
大事な楽器に傷がつくのは悲しいですね。

フロロカーボン叩きをするわけではありませんが
http://www.h4.dion.ne.jp/%7eukebravo/omoi.htm
の文章を読んでると怖く思います。
GAMさんのコアロハも弦が伸びていたのではなく、少しずつブリッジがえぐられてたのかもしれませんね。

正確な音程やよく伸びる音は惜しいですが、ぼくもフロロカーボン弦を今後使うことはないかもしれません。



面白いHPのご紹介有難うございます (GAM) 2004-10-03 20:19:12

Loadedさん、こんばんは。今までフロロカーボンについては絶賛の記事ばかり見てきましたが、こういった「影」の部分もあるんですね。そのほかにも参考になるお話が沢山ある面白いページでした。いいHPのご紹介、有難うございます。

今日、Hilo Stringsの弦を買いなおしました。詳細は別コメントで・・・


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/41-78d450a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。