スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどんメモ18・絶品天婦羅「玉藻」 




今日はサンポート方面へ出かけていました。昼時になって、下の子が「うどんが食べたい」と言い出して、「さぁ、日曜のサンポート近くで美味いうどん屋なんてあったかいな?」

しばし思案して、ふとホレ太さんご推奨の店「玉藻」のことを思い出しました。特に「てんぷらぶっかけ大」が絶品とのこと。早速ホレ太さんに電話をかけたら「日曜もやってるよ~、絶対に『大』がお勧めね」と念を押されました。

で、やってきました噂の玉藻・・・

場所は北浜恵比寿の南側、あのネオン街の運河をはさんだ西側ですね。雑居ビルの駐車場の中にプレハブ小屋のようなお店。見た目は微妙ですな。

外見から分かるとおり、中はカウンターのみで、大将と女の子二人で廻しています。大将は打つ人、真ん中の女性はうどんを盛る人、一番入り口側は天婦羅揚げる人という役割分担が出来ているようです。

目の前が高松市東部漁協・婦人部が開いている海鮮食堂(ここも美味しいですよ)と言う関係はあるのかないのか分かりませんが、天婦羅の具が結構凄いと見ました。隣の人が頼んだ「穴子天婦羅」は、幅4cm×長さ25㎝×厚さ1.5㎝=体積150立方センチ(大して意味なし)位はありましたよ!

さて、出てきましたのがこのうどん・・・

Udon-Tamamo


おお、さすがにホレ太さんが惚れただけのことはある。うどんより天婦羅の体積のほうが大きいんじゃないか?というこの迫力。しその葉・薩摩芋・蓮根・南瓜・えび二匹。全部目の前で揚げた、揚げタテですよ。

ぶっかけだしを酒徳利からぶっ掛けて、いただきます!

うまい。丁寧に束ねられたうどんはどこから引っ張っても絡む事無く、多少の抵抗でお餅のように伸びながらスルスルと持ち上げられ、口の中でも豊かな弾力を保っています。味はほのかに甘い小麦の味。だしも主張しすぎない中庸の甘辛さ・・・

そして、なんといっても揚げタテの天婦羅はうまい。特にこんなに甘くて柔らかな海老天は初めてと言ってもいいほどで、新鮮さの程が知れます!セルフではないので天婦羅ぶっかけ大\700と、少々高価目ですがその価値は十分にあるでしょう。

・・・なんて、エントリーの文面を考えていたら「天婦羅係」のお姉さんが「茄子天忘れてました」って、コロッと入れてくれました。

満点!

コメント

でしょ!

この美味しさ、秘密にできないっしょ笑。

そして、元気なふたりのお姉さんもいいんだなぁ笑。

ホレ太さん、いい情報を有難うございました。麺食いのウチのちびも「かけ小」を一気に食べていましたよ。二人のお姉さんね・・・確かに元気で気持ちいいですね。僕は天・・・ゴニョゴニョ

でも、まぁ安心してください。こんな不人気Blogでバラしても客はそんなに増えませんから(笑)

業務連絡:そういえば、Kさんに自転車サイクルフェスタの会場(サンポート)で会いましたよ。「打ち上げ」のお誘い、待ってま~す!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/405-d3d6570e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。