スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴平の氏子祭 

20041221230229.jpg

今日も琴平でお仕事。今日は金刀比羅宮の氏子祭。いたるところで絢爛豪華な太鼓台が用意され、法被姿の子供たちが走り回る。いいもんだなぁ、お祭は。市内各町が豪華さを競う太鼓台は金糸での刺繍で飾られた「蒲団」がかけられている。ここらの太鼓台ならそれほどでもないが、豊浜町や愛媛の新居浜の太鼓台では2階建て・3階建ての大きな物だから、それこそ1回新調するとン千万かかるそうな・・・。そんな生臭い話はさておき、大人や子供がにこやかに太鼓台を担ぎ、じいちゃんたちは寄り合い所で酒に手を伸ばす。ここにはまだそんな昔ながらの風情がある。風情があるといえば、金刀比羅宮の裏参道の細い道を走っていたところ、某うどん屋さんの厨房からおばちゃんが出てきてドキッとした。おばちゃん「轢かれると思ったわ!」と笑い、後から出てきた旦那らしいおいちゃん「わしゃ、構んけどな」と笑う。僕も思わず「構んのですか?」と笑ってしまった。これまた、庶民的風情たっぷり。流石庶民信仰のお山の麓だけある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/40-469b1b24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。