スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩江で泳ぐ 

今日は、久しぶりに一日休みました。四国地方も昨日梅雨明けし、いきなり青い空、白い雲の「夏」に突入。

普段、子供達とどこかに遊びに行くということがない僕は、K100Dも買ったことだし、仲南町のひまわりでも見に行くか?と提案すると、最後には塩江に出来たプールで泳ごう・・・と言うことになってしまった。

11時ごろに出発し、塩江でお昼。

塩江温泉の中にある「手打ち蕎麦・行基庵」で蕎麦を食べる。丸亀の日月庵と比べると、ザラザラした野性味のある蕎麦だ。鮎寿司(\500)も食べて、なかなかオツな昼食でした。

さて、行ったのは「ループ塩江」という、新しい施設。高松市のゴミ処理施設に隣接して出来た施設で、その処理熱を使った温水プールです。子供達は浮き輪持参で入ろうとしたら「浮き輪は使えません」「水泳キャップを付けてください。そこで売っていますので・・・」と、あれこれ言われる。ちょっと面白くない。

真新しいだけあって、設備的には結構いいものだが、エンターテイメントとしてのプールというよりは、水流の中を歩くコースや水中ジムがある、スポーツジムの中のプールのような・・・そういえば施設の名前は「健康増進なんとかかんとか・・・/ループ塩江」だったなぁ。

子供の頃は息継ぎがヘタだからクロールで25mも泳ぐなんて、とても出来なかった。由来、プールや海で泳ぐのは大嫌いな僕ですが、何十年ぶりに泳いでみたら、まぁ泳げるものですね。水泳は肩凝りにも良い様ですから、たまには来て見るのもいいかもね。

僕としては目の前の香東川で泳ぐ方が、子供達にもいい思い出になりそうな気がするけど。

コメント

海っ子なので川遊びというものを全く知りません。
一時期、鮎釣りが盛んな川の目の前に住んでいたのに泳ぐのはもちろんのこと、写真すら撮ってないことに今頃気付き・・・。

一度、吉野川でラフティングをしに行ったことがあって、
2-3mもある岩のてっぺんから飛び込んだり、楽しかったですよ。

四万十川でカヌーも爽快でした。四国って、川遊び天国なんですね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/363-dca13310

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。