スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の撮影スタイルを考察する 

PENTAX K100D祭も、正式発表から3日過ぎてやっと落ち着きを見せて、弊Blogへの検索も通常レベルに戻ってきた。ほとぼりが冷めてきたところで、先日書いたK100Dの、個人的に残念な部分への検証をしてみようと思う。

先ずファインダー・・・これは心配する必要はない。ファインダーユニットは*istDL2をそのまま流用していると思われるが、N社・C社のファインダーに比べたら遥かに見易いものだ。これに*istDS2のAFが組み合わされているものと思われ、そうなればAF性能についても、普通の撮影ならばまず問題は無いだろう。勿論、N社・C社のAFがより優秀なのは認めた上で、*istDS系のAFがGAM所有の唯一のAF-SLR・Nikon F50よりプアなことはあるまい。それならばここは目を瞑っても良しとしようか。

問題は「連射」の事だ。これも23日のエントエリー後、色々と考えてみた。まず高校生以来の銀塩派である僕は、現在モータードライブ付のカメラを3台持っているが、「シングルモード」しか使ったことがない。なぜか・・・

答えは単純。「フィルムが勿体無い」から。同世代の人なら、この感覚は「本能」レベルで刷り込まれているに違いない。例えば、MXのモードラなどは5コマ/秒を誇るが、長尺マガジンでも使わない限り36EXでさえ7秒で使い切ってしまう。1シーンの内のベストショットを狙う為にフィルム一本を数秒で使い切るなんて暴挙はプロでもやらないだろう。

ここで、Nikon F50+Sigma DL ZOOM75-300を使った当日のネガをそのまま見てみよう。

このカメラはカタログがないからよく解からないが、どこかの英語サイトによると、約1秒で一コマ巻き上げる・・・ような事を書いているので、連射性能は1コマ/秒なのか、シングルのみなのか?という、いずれにしても*istDS2の「2.8コマ/秒」さえ覚束ない。

さて、ブルーインパルスの3回目のパスを追った一連のコマ。最初の1コマは別のスリーブになってしまったので割愛。一番上のコマ(つまり2枚目)は、遠すぎて「ただ、写しました」レベル。二番目は、まだ遠いけれどもう少し編隊が真ん中にあれば「使える」写真にはなるだろう。ちょっと焦ったね。三番目・四番目は、自分でも「よくやりました」レベル。特に3番目はフレームアウトすれすれだが、一応はファインダーで構図を作りながらシャッターを切ったから何とかなったと思っている。でも実は、「第三者受け」は4枚目が一番だったりもする・・・orz

この5カットの時間は大体3秒、長くても精々5秒位のものだったと思う。つまり、今回のブルーインパルスのパス(今回は通常よりゆっくり飛んでいたと言う説があるが)を追いかけるなら、1コマ/秒の連射かシングルモードで充分行けていたという事。

銀塩SLRとDSLRの連射性能の決定的な違いは、銀塩はデジタルのように「転写速度やバッファ容量」の所為で連射がもたつくことは無い変わりに、通常36枚までという物理的制約がある。逆にデジタルは1GBものメモリを突っ込んでおけばRAWでも90枚前後はいけるから、殆どのシーンは最初から最後まで追えるだろうけれど、バッファの大きさによっては途中で止まってしまうこともある。

でも、まぁ、それは3コマ/秒で連射した時の事であって、1秒に1枚程度のシングルモードで次の撮影にもたつくようなヘボなDSRLは、今時ありえないだろう。つまりは、バッファが*istDL2並のK100Dでも、僕の撮影スタイルには殆ど問題が無いということが言える。勿論、∞遠を平行に飛び去る飛行機だからOKだったが、手前に向かってくる「子供の駆けっこ」だとAFも絡んでくるから事情は違うだろうけれど・・・

そうやって考えてみると、PENTAXのDSLRは価格なりに、「実際の使用」では問題ないレベルをクリアしているんだなぁ。つまりはシェイクリダクションさえも不要と割り切ってしまえばDS2だってイイことになる。

K100Dは、DL2+αの値付けでC社もビックリのロープライス(RAW現像ソフトがSilkypixベースになって、更に割安感あり?)だけど、その発表でDS2も更にプライスダウンしているから、こちらの方が狙い目かも?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/347-6ca75a62

K100D

7月下旬にペンタックスから「K100D」が発売される事が発表された。 このカメラ...
  • [2006/05/27]
  • URL |
  • Studio Swallowtail |

幻のMXオート/ペンタックス

日本カメラ博物館で展示中の『独創技術の玉手箱~ペンタックス展~』。(展示期間 2006/2/7~6/18)東京まで見に行くのはちょっとねぇという方はぜひ、図録を通販で買いましょう。¥1、000+送料です。どんなものが見れるかというと開発秘話や歴史背景、歴代各機種の雄
  • [2006/05/28]
  • URL |
  • 今日もどこかで |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。