スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉藻公園~ここが本物の竜宮城だ! 

ホレ太さんのお誘いに載って、先週の栗林公園に続いて、今日は家族で玉藻公園へ・・・。今日は無料開放と言うことで、若いカップルも大勢来ているし、結構賑わっている。おそろいのグリーンのジャケットを着たスタッフがお客さんへのガイドをしていて、造園の仕事で玉藻公園に入っているホレ太さんもその一人。

ホレ太さんに披雲閣や公園内のビューポイントを教えてもらって、家族一同、結構喜んでいます。披雲閣の二階から見る庭の眺めや、北奥の靴脱ぎ石から見る松林、月見櫓の中の急な階段などなど・・・案外子供達にも好評で、手軽な家族サービスが出来ました。

ホレ太さん、いい情報を有難うございました。(写真は月見櫓から披雲閣を望んだ所)

さて、玉藻とは、少し前のエントリーでミミの親さんが書かれたように、讃岐の国の枕詞「玉藻よし」に因んだ名前で、誠に美しい名前です。日本にもあまり例の無い「海城」で、その昔は、沖から見ると海に城が浮かんだようで、それは美しいお城だったといいます。

しかし、現在は老朽化によって天守閣が取り壊されてしまって、少し寂しい状況。かつ瀬戸内海に直接面した石垣は「水城通り」なる道路に隔てられ、普通の平城と見た目は変らなくなってしまいました。更に史跡である玉藻城址は、特別名勝の栗林公園と違って厚生施設=売店などが一切無いから、その地味さといえば比我の差は大きくなるばかり。

文化庁は建築図面、または精細な写真が複数存在しない限り天守閣の再建を認めて来ませんでしたが、その方針も多少緩和されつつあり、さらに昨年ケンブリッジ大学に、まるで昭和中ごろにでも写したかのような精細な写真が二枚も見つかた事で、どうやら天守閣再建に向かって動き出している様です。僕は天守閣再建にはネガティブな意見なんだけど、スタッフのおじさんは「木造建築で再建」というから、ちょっと期待しておきます。間違っても名古屋城や大阪城のような、コンクリート造りの「城の形をした博物館」だけにはしないでね。そんなのは、一回見に行けば後は遠巻きに眺めるだけで充分だから・・・

さて玉藻公園の中の披雲閣といえば、大正時代に作られた「松平家」の住宅ということで、昨年、映画「春の雪(原作三島由紀夫。行定勲監督、妻夫木聡、竹内結子出演)」で、公爵家の邸宅としてロケにも使われた、なかなか重厚な雰囲気の大きな建物です。大正時代らしい凸凹のガラス越しに見る景色もなかなか趣がありました。

正直に言うと、僕は栗林公園よりも玉藻公園の方が気に入っています。確かに栗林公園は「名勝」としては素晴らしい。が、「プライベートなお庭」としては玉藻公園の方がまとまりがあって、断然いい。生垣やツツジの木に視界が遮られ、その角を曲がるたびに全く新しいビューが開け、いかにもドラマが起きそうな雰囲気がするんです。

残念ながら、2年前の高潮の塩害で公園内のツツジも随分被害を受けて痛々しいけれど、ホレ太さんの話では「あれほど大きなツツジはどこかから買って来るわけにもいかないので、園内で移植するか、小さい所から育てるか・・・」と、頭の痛い問題のようです。

もう一つ残念ながら、映画・春の雪は、話題らしい話題にもならずどれだけ「玉藻公園」の認知に貢献したかは解からないけれど、一つだけ全国にアピールしても興味を惹きそうな話題が、正門を入ってすぐのお堀にありました。なんと、海の水を直接お堀に引き込んだ玉藻城では「コイ」ならぬ「タイ」が乱れ泳いでいるのです!

午後2時過ぎ、スタッフが餌の小海老を放り込むとバシャバシャと水煙を上げて群がるその姿は、まるで〇〇〇〇・・・

そんな訳で、いかがでしょう?タイトルのようなキャッチフレーズは。

コメント

絵葉書ご購入ありがとうございました。

タイ、チヌ、ボラの舞踊り。
私、おそらくココに5年間いなければなりませぬ。
浦島太郎にならぬよう、気をつけタイと思います笑。

ホレ太さん、昨日はお仕事中、ガイドまでして頂いて有難うございます。浦島太郎は何年も遊んで暮らしましたが、ホレ太さんは遊んで暮らすわけにはいきませんね。

それと、乙姫様はいらっしゃらないようなので、ずっと居たい気になるかどうか・・・(笑)タイやボラの舞踊りだけ見させられてもね。

でも、玉藻公園の手入れの行き届いた庭は、管理のやりがいがありますね。頑張ってくださいね~

乙姫様

窓口の女性スタッフ募集中です。
日曜、祝日、早朝、夕方、昼食時の交代など
かなり変則シフトですが・・・・。

もちろん面接は私が行います笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/335-8fdd100d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。