スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手軽に喫茶店の味・bodum 



いつもの豆屋さんで嫁さんが買ってきた「Coffee Maker」。名は「bodum/Kenya Coffee Maker」という。

ドリップやサイホンと決定的に違うのは「濾過しない」と言うことらしい。紅茶のポットのように、プランジャーでコーヒーをプレスするというものだが、後で調べたら、実は元々コーヒー用のものを紅茶に使ったらしい。

円筒形のガラスポットに豆(あら引き)を必要量いれ、少々お湯を入れて蒸らした後、必要量のお湯を注ぎ、4分ぐらいしてからプランジャーを押し下げてプレスする。すると、旨味の凝縮された「コーヒーオイル」がそのまま浮かんだコーヒーが出来上がる。

さて、今朝、早速実践してみた。「美味い!」

一切濾過していないからか、コーヒー豆の個性がダイレクトに出るようで、本来マイルドなブラジル系(今回はレクレイオ)の豆も、苦味走った、かなりどっしりとした重い味に感じる。これでアフリカ系のコーヒーを淹れたらどんなストロングなコーヒーになるだろう?「簡易エスプレッソ」らしく、飲み終わりにはカップの底に細かいコーヒーの粉がたまり、これが「喫茶専門店の味」感覚を演出している。

これは、もうドリップには戻れないなぁ。

bodum社のサイト

ただ、注意すべきは「コーヒーオイル」がそのまま出てくると言うことは「古くて酸化した、油の廻ったコーヒー豆」では、その毒味もそのまま出てしまうわけで、このコーヒーメーカーでは必ず「新鮮な豆」を使うのが必須との事。「いい豆はより美味しく、悪い豆はより不味く」と言うことらしい。



コメント

面白そう

こちらへのコメントは初めてになります。
変わったコーヒーメーカーですね。 おっしゃるように同様の構造の紅茶メーカー?はウチにもあるんですが(ハリオ製だったと思う)以前にドリップ用のペーパーを切らした時に、こいつで強行突破(笑)したことがあります。 挽いた豆が混じって飲めたものでは無かった記憶があります。 同じ構造だとしたら、かなりの荒挽きのを深蒸ししていれるってことになるのかな。

HF電脳職人さま、はじめまして。デルタ関連の記事は参考にさせていただいております。これからも宜しくお願い申し上げます。

さて、このプレス式コーヒーメーカーは同じBodum社の紅茶用よりメッシュが細かくなっているそうで、流石に「専用」ですね。その他、より上級製品で「ステンレス枠」のものもあるようですので、インテリア的な見てくれを加味したい場合はそれもいいかも・・・ですね。

ボダムのは持ってないんですがハリオのなら持ってます。
すっかり忘れてたので、久しぶりに出して使ってみるかな。
私は同じ器具を使い続けていると飽きてきちゃうんです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/334-54d8d4bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。