スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「意外」連発の金刀比羅宮 

20041220222737.jpg

いよいよ金刀比羅宮の遷座祭が始まった。ネットで検索したら、若冲の障壁画などの一般公開(125年ぶり!)楽しみにしている人も多いことがわかり安心した。で、実際の遷座祭を見に行ってみると意外な程質素な雰囲気だったりする。新しくなった本宮にしても、拝殿前こそ幟やオブジェで飾られているが、実際の建物は相変わらず、時代を感じる「あの」建物だ。それもそのはず、今回の本宮の改修は屋根の桧皮を葺き替えたり、天井絵を新しくしたり・・・と、目に触れない部分が殆どだから。この奥ゆかしさが「神様」らしくていいなぁと思います。明日は、今回の遷座祭でその位置を「スライド移動」させた(!)神楽殿で、世界的に有名な伊藤京子さんのピアノコンサート。初めて金毘羅さんもライトアップされるし、一見の価値ありですよ!。金毘羅さんで洋楽が奉納されるのは初めてなんだそうな。庶民信仰の神様なのに、これまた意外。でも、これからフラメンコはやるわ、ジャズはやるは・・・で、まさに開かれた感じになりそうですね。


良いですね♪ (ひるてぃ) 2004-09-19 06:46:22

神楽殿での演奏聴きに行かれるのでしょうか?良いですよね、こういうところでの音楽は何かこころに響きますね。
以前生録に凝ってた頃、お寺のお堂でジャズの演奏を聴いたことがありますが、琴腺に触れるというか一種独特な雰囲気で強烈に記憶されています。
クラシックも室内楽など教会で録音されたものとまた違う感じになりそうですよね。



生録ですかぁ (GAM) 2004-09-19 21:47:14

最近は意外なところでのアコースティックライブが多くて楽しいですね。造り酒屋の酒蔵とか、農村歌舞伎舞台とか・・・

香川県には若手のお坊さんが「お声明」のコンサートをする「サマヤサンガ」ってグループもあるんですよ。アジア系のミュージシャンを呼んでジョイントしたりして、面白いです。

僕も、仕事柄「生録」をすることが多いんですが、ワンポイントマイクで簡単に済ませる場合が多く、きっとひるてぃさんから言わせたら「そんなの生録じゃねーよ」って言われそうです。

自前の「TCD-D10PRO」は放りっぱなしですっかり臍を曲げてしまいました。特機だから修理高いんですよね~



生録 (ひるてぃ) 2004-09-20 10:23:37

ソニーのw、欲しかったです。もったいないですね、でも確かに修理代はw。。
私もオープンのデンスケからカセットデンスケ、DATは民生用、パイオニアD-07、ソニー2000ES、マイクはRCA-55・2本と車に積んで、元気でした。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/33-f8f65025

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。