スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまネタ御免24・展覧会の「え」? 

今日は会社の音楽好きな同僚と用事で外出した。その帰りにいつものHard●FFによる用事もあったので、ついでに一緒にアナログ盤漁りをした。同僚はあまりHard●FFに来たことが無いらしく「侮れないな~」と、顔が笑っていた。

そんな中で、壁に展示されたLPを何気無しに見ていて、ふ・・・と、目が止まったのが「エマーソン・レイク&パーマー/展覧会の絵」。プログレ界に燦然と輝く名盤なので、僕もそのジャケットは何度も見たことがあった。

「へ~、帯もついて結構いい状態だけど、これも1000円切りか~」なんていいつつ、プログレにはそれほど興味の無い僕は、既に、隣の「渡辺香津美/TOCHIKA」の方が気になっていた。でも、視界の隅に「え?」と思わせる何かがあった。

良くご覧ください、このジャケット・・・


本当は、全ての額は真っ白な筈なのに、一枚だけ、絵が入っている。しかも、どこの林間学校でスナップしたのか、かなり「お間抜け」な一枚が・・・

なかなか僕好みの冗談ではあるが、このまま売る奴も売る奴だし、品定めはしている筈なのに、そのまま店頭に並べるHard ●ffも、かなり「洒落が解かっている」と思った次第。


(ELPのアルバムは、こちらで楽しいレビューが読めます。

コメント

フェイバリットはAORですが、実は一時期プログレにはまってたことが...クリムゾンから入ってEL&Pも聴いてました。イタリアは良かったんですが北欧、ドイツあたりで飽きました。はは、このジャケいいですな!その部分に落書きってのは見かけたことありますが...前所持者の人柄が伝わってきますね。

フルフルさん、こちら音楽通にはかなり「美味しいネタ」だと思っていたのになかなかレスがつきませんでしたから、嬉しいです。

僕は、プログレはELP/四部作でチラッと掠った程度です。庶民のファンファーレは確かにカッコいいですね。ELPのベスト盤ではこの曲が半分くらいでFOするので、やっぱりプログレのベスト盤という発想自体に限界があるんじゃないか?と思いました(笑)

さて、このアルバム。前所持者の人柄は伝わってきますが、肝心の「それを受け入れてくれる心の広い人」は現れるのでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/325-ad755d85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。