スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USA版・男「中島みゆき」 

今日も、夕方会社へ行く用事が合ったので、いつものHard ●ffにてアナログ盤漁り・・・最近はジャンク箱も目新しいものがなくて、言って見れば「惰性」ですな。何せ、同じ穴の狢がこの箱を常に漁っている現場を見てしまったからには、この状況は「本当に代わり映えしない」のか、「先を越されているだけ」なのか解からないし、何となくやる気が起きないのです。

今日もシャンク箱には大したものはなく、諦めて会社へ行くか・・・と出口まで来たところで「まてよ?」と立ち止まる。この店にはジャンクにも二通りあって、一つは今見た「本当のジャンク(100円均一)」、もう一つは「売れ線ではないからジャンク(200-400円)」というカゴだ。そっちを見そびれていたなと思い起こし、再びジャンクコーナーへ。

ここも相変わらず代わり映えしないんだけど、一枚だけこんなものが入っているからビックリする。

Dan Forgelberg/Phoenix(80年・FullMoon・Epic)
Dan Forgelbergと言えば、「一人CSN&Y」と言われ、多重録音で作る美しいコーラスワークが有名なアーティスト。日本では車のCMで使われた「Longer」が代表作。

さざなみ一つない夕暮れの湖に石を一つ投げ込んだように、静寂の中に広がる緩やかな波紋・・・この「Longer」を聴くと、いつもそんなイメージが頭に広がる。そして、このアルバムこそが、その曲を含むオリジナルだ。

そんな美しい曲がトレードマークのDan Forgelbergも、日本ではグレイテストヒッツ1枚がCDで出ているだけで、オリジナルアルバムのCDはほとんど見かけない。その状況は本国アメリカでも似たようなものだ。Allmusicでも70年代に数枚が4つ星を貰っている程度で、こと80年代以降では二つ星ばかりで振るわない。

その事を70年代ロックに造詣の深い、あるプロのギタリストとお話する機会を得たので話してみたら「向こうでは、男版の中島みゆきに近い感じで思われてるみたいだね」。要するに、「ちょっと、暗いんじゃない?」と・・・なるほどね。

でもいいアルバム(AMG・★4.5)ですよ。輸入盤・\210と言う事で、今日も有難う、Hard ●ff

しかし、あの「狢」・・・こういうのを見落とすかなぁ?

★補足(デイリーニュースより)
アメリカのシンガー・ソングライター、ダン・フォーゲルバーグ氏が16日、進行性前立腺がんのため死去した。享年56歳。彼のオフィシャルサイトでは「(フォーゲルバーグは)がんと勇敢に戦い、メイン州の自宅で妻ジーンさんに看取られて穏やかに亡くなった」としている。
 
 ダン・フォーゲルバーグは、イリノイ州ペオリア出身。1970年代前半にデビュー。イーグルスのメンバーを始めとするウエスト・コーストの名うてミュージシャンたちが参加した2作目の『Souvenirs(邦題:アメリカの想い出)』でブレイク、全米ナンバー1ヒットの“Longer”を収録した79年の『Phoenix』で、その人気を決定付けた。清涼感溢れるアコースティック・サウンドとほのぼのとした歌声が幅広い支持を獲得、ジェームス・テイラーやキャロル・キング、ジャクソン・ブラウンと並び、シンガー・ソング・ライターの一時代を築いた。2004年にがんを患い、闘病を続けていた。


2000年頃、仕事でハワイへ行った折、帰りの空港のテレビで「Part Of Plan」がかかっていたのでしばらく見ていると、朝のワイドショー的な番組のゲスト出演だった。英語なので何を話していたかはさっぱり解らないけれど、動くDan Forgelbergさんを見たのはあれが最初で最後でした。あのときは元気そうでしたのに・・・

僕の好きなアーティストのお一人でしたが、残念です。ご冥福をお祈り致します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/320-0fc9fba0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。