スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ・イタリア語教室 

最近、デルタのパーツリストを手に入れたのはいいけれど、肝心な部分がイタリア語だったりして困る。例えば僕の8Vも、実はパーツリスト上、M1-M3に仕様が分かれているということが判った。説明によるとM1-2000 8V、M2-2000 8V Comp.Migliorata、M3-2000 8V 83USAといった具合。

僕のは並行輸入のものだから、当然、M1で、結構欠品が目立っていて正直困ると思っていた。ところが、もう少し詳しく調べると本当にM1か?と思う事例がポツポツと出てきた。M1のパーツの形が僕の現車とは合わず、M2と一緒・・・という感じ。M3は、多分アメリカの83年規制適合車ということだろう。じゃぁ、一体M2って何なんだ?

Comp・・・コンプレッサーか?もしかしてエアコン付き仕様ということか?いずれにせよ「Migliorata」の意味がわからないと進みそうにない。しかし、オンライン伊日辞書ではこの単語がヒットしない。困った・・・

そこで、ハタと気がついた。そう、近所のお姉さんがイタリアへ嫁いで行っていて、上手い具合に、今、子供を連れて帰省中なんだ!

で、嫁さんに「ちょっとお姉さんに『知りたいイタリア語の単語があるから教えてくれないか』と訊いてくれ」というと「大丈夫な言葉?」とキタモンダ!「車のパーツリストに、そんなヤバイ言葉、使ってる訳ないだろう!」

そんな、すったもんだあって、お姉さんに出てきてもらい「ミグリオラータ」ってなんですか?と訊くと「?」・・・スペルを言って「あぁ、それは『ミッリョラータ』で、改良とか改善って意味ね」

はいはい!先生!、これでピンと来ました。パーツリストにはDELTA 4WD(1986-1991)と書いてあるから、M1=4WD(86-88)で、M2=Integrale(88-91)=僕の8Vな訳だ!これなら全て丸く収まるわけで、パーツ状況ももう少しマシの様。ホッ・・・

お姉さんには「実は古いイタ車を直そうとしてるんですよ」というと「Fiat?、AlfaRomeo?」「いえ、Lancia・・・」お姉さん、(知っらな~い!)って顔で微笑んで「イタリア行くとみんな日本車乗ってるのにネ」・・・だそうです。ちゃん!

その後は暫くお姉さんの嫁ぎ先・南イタリアの話で盛り上がりました。行きたいっすね~イタリア。

コメント

GAMさん、こんばんは!
いやいや、クルマの話はさっぱり分からないのですが…
アメリカでも日本車に乗ってる人すごく多かったですよ。
駐車場にずらりと並んだHONDAやTOYOYAのロゴ見てると、一瞬ここはどこ?状態になります(笑

青の洞窟って確かイタリアでしたよね?
死ぬまでに一度は行ってみたいです。

shioriさん、こんにちは。最近、車の話題ばっかりで、写真の方が「おいてけぼり」になっちゃいまして申しわけありません。今、Contax T2+Kodachromeで鋭意撮影中ですので、暫くお待ち下さいね~

さて、アメリカはLAとハワイ・グアムしか行った事ありませんが、確かに日本車が多いですね。レンタカーなんて、必ず日本車を借りる事になりますし。

流石に本土のLAではもう少し、シェビーのトラックが目立った気がします。ボロボロのトラックがFreewayを走っているのを見た時「あぁ、アメリカに来たなぁ」と思ったものですが、もうそれも7-8年前の事。今はもっと日本車Invasionが進んでいるんでしょうね。

所で、「青の洞窟」は、ナポリからカプリ島と言う所に渡って行くそうです。ナポリはお姉さんの嫁ぎ先で、「遊びに来て下さいね~」って・・・行きたいですね、ホント。

僕の写真サイトは「Collecting Blue」というのが本来のタイトルで、青色好きだからなんですけど、これは行くしかないでしょう!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/310-659b315f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。