スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人デルタ日記・3(97.2.15) 

我が家のデルタも、納車から早くも一ヶ月が経とうとしてる。当初恐れていたよりも随分従順なのには少々肩透かしだが、電気系統の弱さの「片鱗」を見せているのは先回書いた通り。

先週も、嫁さんと買い物に出かけたとき(家庭の足になっている!)、EX(排気温)ワーニングが点灯した。日本車でもこれが点くとドキッとするものだが、その点僕は落ち着いていた。ネット情報でデルタのワーニングが如何にいい加減かを知っていたから。

こういう時はすぐに車をとめてエンジンをストップ。そして再び始動・・・つまりリセットですね。・・・そして実行!

・・・消えない(涙)

ちょっと焦ったが、そこで慌てても仕方がないのでとりあえず帰宅し、暫く放置プレイを決め込む。(僕も大概いい加減だ)

果たして、翌日再びデルタで出かけようと、不安と期待を胸にエンジンスタート。先ず、メーターパネルの電球が全て光って、消える。次に電子集中チェックモニター(注:僕のデルタは平行モノなのでこれがついている。D車がこれを取っ払っているのは「信用できないから」・・・て、本当ですか?)が消える・・・そして、問題のEXワーニングが・・・

消えた。

やっぱりこんなものですか?イタ車って。

【今週のお薦め曲】告白 / 松任谷由実

★2006年の僕の感想★
実はその後に気がついたのですが、この車、車検は通っている筈なのに触媒が無かったんです!排気温センサーの取り付け先が無いのにどうしてこのランプは点いたり消えたりしていたんでしょう?この点、2006年になっても理由がわかりません。誰か教えて!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/297-0c1f8eae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。