スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどんメモ15・東京うどん、再び「たれ半」 



東京出張の二日目、朝方遅めのブランチをとったのであまりお腹が空かず、東京支社の女性とお昼は「軽め」をリクエスト。すると「東京支社長(お休みでした)もOKのうどん屋さんはどうですか?」

いいですねぇ・・・と、連れて行ってもらったのが最近東京で人気のチェーン店「たれ半」。セルフではないのですが、じゃこ飯とセットになった「昼セット」が450円とお手ごろでした。(注:たれ半は目白・半蔵門の2店舗がある模様)

出てきたうどんは、なかなかコシの強そうな「麺構え」をしている。

つるつる・・・と食べると、なるほど讃岐の味だ。オーナーはきちんと香川県で修行した人ということで、まぁ、良いレベルでしょう。「この味はどこかで・・・」と、そのときは思い出せなかったが、辛目の醤油味に、どことなく残る甘い味・・・そう、これは「てら屋」の味だ!

このオーナーが「てら屋」で修行したかどうかは知らないが、少なくとも東京支社長は、高松時代、てら屋をお気に入りだったから「OK」を出すのもうなずける所。

余談だが、「じゃこ飯」はVG!

・・・東京で食べる「ご飯」は結構美味しいのに当たる気がするなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/275-90a48caf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。