スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米朝一門会@金丸座 05 

今日は、一年ぶりの米朝一門会。今年も「旧金毘羅歌舞伎大芝居」にて開催でした。別の用事がバッティングした為、少し遅刻しました。よって、一番目の「桂まん我:牛ほめ」は最後のサゲだけ見られたような状態。

■よって、本日の出演者と感想は二人目から・・・

2.桂米平(正月丁稚):落語界一の巨漢、体重「110Kgで・・・」というと「おお~」とどよめきが起こるので「110のお~(百獣の王)」との異名。落ち着いた語り口でほのぼのとした印象。

3.桂雀三郎(G&G):言うまでも無く、創作落語。ギターを弾きつつの熱演は流石、安定感あり。おじいちゃん・おばあちゃんの多い香川県での高座ではシュールなネタかもしれませんが、それはそれ。

4.桂米朝(鹿政談):雀三郎さんのG&Gを受けて「もう、私もファイヤ~と言う感じになってまいりました」と、いきなり先制パンチ。しかし、先日80歳になったとかで、話のテンポに「冴え」がなくなってきているのは致し方ないところ。ご本人も「新しい話は覚えん、古い話は忘れる」「話が途中から入れ替わったり」・・・と随分弱気な感じ。そんな訳で、鹿政談も状況説明が平板な感じになってしまって残念。流石に笑わすところはちゃんと笑わせてくれますが、まだまだ元気で居ていただきたいものです。

中入り

5.桂ざこば(肝つぶし):相変わらず「嫁さん愚痴」が抱腹絶倒。ただ、去年も聞いたかも?今年は愚痴は少なめで本題に入りました。話が話だけにちょっとしんみりした感じでしたが、妹を殺すのを躊躇う所で「嫁さんネタ」を滑り込ませる辺り、判っていても笑っちゃいます。最初「崇徳院」かと思いましたが違っていました。いつもながらざこば師匠は「渋い話」を選びますね

6.桂南光(皿屋敷):やっぱり、今一番脂が乗っているのはこの人でしょう。皿屋敷見物に出かけた一行の、途中で臆病風に吹かれた奴の描写は流石枝雀師匠譲り。ざこば師匠が「しんみり系」だっただけに、最後に美味しい所を全てかっさらっていきました。こんな「お菊さん」だったら、僕も見に行きたい!

今年は、米朝師匠の声が去年より出ていて聴きやすかったのですが、どうしても「衰え」が目立ってしまうのは悲しい所。考えてみれば、僕が大学時代、大坂・京都で米朝師匠を生で見ていたのは20年も前。つまり、御歳60歳の頃。本当にあの頃は「円熟の極み」という感じでした。

一方、ざこば師匠・南光師匠も58-54歳。もはやその境地に達しつつあるのでしょうが、僕としてはお二人とも異色派。米朝師匠のような「王道」を行く噺家さんがいないのが残念な気がします。

全体としては、去年の出演者は「桂雀々」始めドッカンドッカン笑わせてくれただけに、そのパワーに圧倒されましたが、今年はちょっと落ち着いた印象でした。

それと、今年も(遅れていったため)上手側に座らされてしまいました。相変わらずスタッフが大声で話しながらザクザクと砂利を蹴散らして歩く音が耳障り。おまけに観客席では、米朝師匠の「オチ」に差し掛かる所で携帯電話で話し始める「馬鹿」が居たりして凸(-"-)、周りの観客は怒り心頭。最高のシチュエーションだけに、この非常識は何とかして欲しいものです>朝日新聞!

(遅刻+終演時日没後でイメージ写真がとれず、チラシが捨てられてしまいました・涙、よって画像なし。御免)

コメント

南光師匠54歳、驚きです。

「流石枝雀師匠譲り」-誰か上に乗って隠してくれとかいうやつでしたか?

ざこば師匠は「渋い話」-そうですか。私などは竈盗人かなんかの印象しかなくて。

pfaelzerweinさん、こんばんは。

皿屋敷・・・まさにそれですね。pfaelzerweinは、なかなか落語お詳しいのですね。僕なんて、こうして書いていると詳しいようですが、大学時代に大坂・京都で見たのが全て。しかも大学も回生になって初めて落語に目覚めたわけですから「素人」も同然。

四国に来てからはほとんど一年に一度こうして落語会を見るか見ないかですから、いつまでたっても知識は増えません。あぁ大坂時代が懐かしいです。

ざこば師匠が「渋い」というのは「けっこう地味なお話を選ぶなぁ」と言うことです。昨年もしばらくはタイトルが解からなくて、もやもやした気持のままいた記憶があります。芸風と言う意味では相変わらず「破れかぶれ」ですね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/273-d7f0a725

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。