スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ala MoanaのフライングV 


注:画像を拝借したお礼にリンクしただけで、アフィリエイトではありません

実は、Ala MoanaのフライングV、かなり気になってます。あっちこっち調べてみて、スガシカオが「案外いい音じゃん?」とコメントした事も判ったが、やはり楽器たるもの自分で試しに弾いてみない事には話にならない。

で、今日はいつも行くHard Offで実際に試し弾き・・・といってもここには現物はないので、同じAla MoanaのUK-160(1980円ナリ)で音程の確認。所詮は激安ウクレレ、モデル毎に違う指板など用意する訳もなく、同じパーツを使っているに決まっているからだ。

流石にチューナーまで持ち込んで・・・って訳にはいかないから、取り敢えず4弦間のみ合わせてみる。

その結果「意外に音程は正確」。特にオクターブのズレなんかは我が家のKoAlohaより少ないんじゃないか?と思うくらい。これはブリッジの高さが低めなのが幸いしているのだろう。

ただ、マホガニーとはいえ、合板の厚ぼったいトップを見ると判るとおり、音の響きの無さは如何ともしがたい。隣にAstriusの10万のウクレレがあり、それと比べると可愛そうな程。

あと、ネック周りやブリッジの貼り付け方など、かなり荒い作りが一目瞭然。でも、まぁ、フライングVで、シャレの世界だし、4400円なら「音痴」でない限り「買っとけ!」じゃないですかねぇ?


Ala Moanaユーザーの皆様、如何でしょうか?

コメント

私もフライングVを愛用しております。ウクレレ教室で教えてもいます。
そうですね。アラモアナのVは音がチャチで薄っぺらいですね。でも割り切ってシャレで弾いています。

木本さん、こんばんは。フライングV、お持ちですか!しかも、ウクレレの先生が!ならば、結構イケるウクレレなんですね。

実は、今日、買ってしまいました!ペグの粗悪さは目をつぶって(近く交換します)も、フレットはきちんと音階を成していて、「シャレ」というより、マジでLow-G用として使ってしまいそうです。

音がチャチなのは承知の上ですが、フロロカーボン弦を張ったら随分いい音になりましたよ。

あとは、普段ネックのサイドを面取りしたKoAlohaばかり弾いて来たので、普通のネックは「痛い」です(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/266-0087593c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。