スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの木陰を思わせる一枚、Jack Johnson 



Jack Johnsonと言う名前は暫く前から聞いていたが、実際の音楽は聴いたことがなかった。その名前の響きからジャズ系のような気もしたし、HipHop系のような気もしていた。特に最近は洋楽といえばHipHopの勢いの先入観で、どうも手に取る気にならなかった。そう、僕はHipHopは好きじゃない。

それが、今年春以降、この3rdアルバムが出たことがFMで話題になって、その後、知り合いのiPodに入っていた「Banana Pancake(M3)」を聴いて先入観で敬遠していた自分を恥じました。

ギターやウクレレのアコースティックな響きと、ドラムというよりパーカッションが加わっただけの、とても柔らかな音。そして「ゆるゆる」なJack Johnsonの声が「雨は一日中降っていても気にしない、外に出る必要もない、ゆっくり起きたらいいのさ・・・」と歌う。

ハワイの天才サーフボーダーにして、ゆるゆるボーカリスト。Jack Johnson/In Between Dreams・・・海辺の木陰で、潮風を感じながら文庫本を読むのにピッタリの一枚です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/259-6ed8f849

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。