スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山にて・その1 「苔は偉い」 



富士山に行ってきました。かれこれ3回目ですが、いつも山頂までは行かず、3-5合目。でも僕はこのトレッキングが大好きです。というのは、5-6合目以上は完全なガレ場になっている富士山は、ほとんど「苦行の道」といって良く、豊かな自然を楽しむにはこれが最高なのです。

火山性の石(軽石)で覆われた富士山には水が溜まりません。なのに6合目までは豊かな緑を保っています。それは何故でしょうか?

答えは「苔」が水を保つ役目をしているからです。そして、風雪に倒れた木が新しい木の命を育むゆりかごになるからです。

栂などの針葉樹が多い富士山では地面付近では陽が当たりません。しかし倒木があればそれだけ地面から高い位置が確保され、日当たりの面で有利になります。そこに何十年かの内に苔がむし、その上に他の木からの種子がふんわりと着地すると・・・

新しい種子は苔から水分を貰い、倒れた親木から養分を貰い、日当たりを助けて貰いながらすくすくと育ちます。これを「倒木更新」と言うそうです。倒木更新で育った木は、親木が朽ち果てると崩れ去って、その部分が根上がりの状態になるのですぐ解ります。ガイドさんに教えて貰いました。

ここで、ある苔玉作家とお話ししたときのことを思い出しました。曰わく「苔ってジメジメして、なんだか命の終わりを象徴してると思うでしょう?実は命の始まりなんですよ」

そしてガイドさん曰く「苔って、草冠に台って書きますよね?つまり、苔は草木の土台なんです」・・・

いいお話しですよね?こういう細々とした自然の営みを、人間は勝手なエゴで断ち切ってはいまいか?この「揺りかご」から芽を出した10センチ程度の若木を見ながら、しんみり考えてしまいました。

コメント

うーん、このページは勉強になる(笑)。
GAMさん こんばんは! お久しぶりです。
今日は、お願いがあります。

キヤノンからデジタル対応のLタイプ標準ズームレンズ
EF24-105mmf4LISが発売になります。
EF24-70mmf2.8Lよりも低価格でコンパクト、もう欲しすぎ~^^。

そこで! キヤノンのEOS-1nと
交換レンズを3本処分して、予算を捻出しようかな?
と思っているのですがGAMさんの身のまわりで
銀塩一眼レフを必要としている人はいませんか?
っていうか、GAMさんいりませんかっ!!笑。
 
レンズは
EF20- 35mmf3.5-4.5
EF28-105mmf3.5-4.5
EF70-200mmF3.5-4.5の3本です。

持っていたほうがいいよ。という言葉も聞きたいような気もする笑。

よろしく哀愁交差点~。

ホレボレさん、こんばんは、ご無沙汰しています。今年もホレボレ家大庭園でのバーベキュー大会は無かったのでしょうか?

さて、EOS-1n+レンズ・・・特に20-35mmは喉から手が出る程欲しい気がしますが、残念ながら先立つものが・・・

ペンタ党である僕は、キヤノンレンズの評価は解りませんが、ホレボレさんのこれまでの名作を作ってきたレンズ達ですから惜しい気はしますね。

きっと、大事に使われた機材ですから、対面販売に近い形で、Yahoo Auctionがオススメかもしれません。

あ、ホレボレさん、また「木」の事でお訊きしたい事がありますので、近々よろしくです。

ひと晩考えて、ボディは置いておこうと考えが変わりました笑。

レンズだけ処分して、足りない分はなんとか、(なるのか?)
発売が10月上旬だから、とりあえず予約しとこうかな。
Yahoo Auctionも覗いてみましょう。

バーベキュー大会ですが、庭では、あれっきりです。
GAMさんを招待しないわけが無いじゃん!!

それと嬉しいお知らせ。
ジャパハリネットのホームページ覗いてみて、見て~!

ホレボレさん、見ましたよ、ジャパハリのHP、凄いですね~、いきなりトップページを飾ってるじゃないですか!

しかも、メンバーの雰囲気もすごく良く撮れているし・・・流石です。

ボディは、やっぱり置いておく方が良いですよ。あ・・・という時頼りになりますから。キヤノンレンズがKマウントにつくなら20-35mmは、僕が欲しいくらいですがねぇ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/251-9d509ad4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。