スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦の日を前に 

「零戦に欠陥あり/ETV特集」・・・こういうドキュメンタリーをみると、やはりNHKは流石だと思う。

日中戦争から太平洋戦争にかけて活躍し、戦闘機の代名詞ともいえる「零戦」が、当初華々しい戦果を上げながら、何故後半は惨めな結果しか残せなかったのか?それは、「失敗に学ばなかった日本の文化・思想にある」という事を、海軍と設計者のやり取りの結果を通して実証していくという内容だ。

零戦にあった数々の欠陥・欠点については、結構有名な話(試作機の空中分解事故も含めて)ばかりで、さして目新しいものは無かったけれども、設計副主任・曽根嘉年の想いは手書きのノートから滲むように伝わってきて引き込まれる。何度となく挿入される曽根氏の、少し曇った表情がもの悲しかった。

早く、強く、遠くまで・・・そんな戦闘機を作れという海軍。それは当然の要求だが、それらは互いに相反するファクターでもある。それを満たすには、全ての要求をはるかに凌駕する性能をもった飛行機を作るればいいんだけど、当時の日本の国力では難しい。よって、安全性・耐久性を引き算していくという手段しか残されていなかった。

始めは、向こうも大した飛行機を使っていないから(当時の)圧倒的な運動性能と破壊力で何とかなったが、やがて研究されてより良いものが登場してくると、そうはいかなくなる。エンジンの性能は上げろ→燃費は落ちた→積める燃料を増やせ→弾にあたり易くなる(発火しやすい)。

じゃあ、防弾処理をせよ・・・と行かないのが当時の海軍。研究者や現場のパイロットは「防弾」をずっと訴えたが、例の「精神力でカバーせよ」という、訳のわからない発想でそれは最後まで退けられていく。そんなことをしているうちに現場では次々に優秀なパイロットが戦死していく。そして、挙句の果てには神風特攻隊・・・だ。

性能の劣る道具しか与えられず、どんどん新しい敵と戦わざるをえなかった若き日本の兵士たち(これは海軍・陸軍とも同じ事)。僕は今の世の中を生きる幸せを考えた時、彼らに感謝と畏敬の念を持つ。但し、源田実を始め、「精神主義」のエライサンと、インタビューに「守りが良くても攻撃力が無ければどうにもならんでしょう」と今でも平然と答える海軍担当者にはやりきれない怒りを感じる。彼らは「兵士たち」に贖罪する必要がある。(軍部の責任論や国家間同士の謝罪・賠償問題は別の問題)

「日本を信じて戦った人たち」に敬意を払う・・・なんて書くと「戦争美化」っていわれそうだけど、そんなレベルの話じゃない。その事と「戦争カッコいい!」「戦争やりたい!」なんて子供が育つ事は全く関連性が無い、ありえないと言い切ってもいい。なぜなら、情報はどこからでも手に入る世の中だからだ。

今回のETV特集にも有名な映像が沢山使われていた。アメリカのガンカメラが捉えた空中戦の模様は鮮明で、オレンジ色に輝く機銃弾が零戦の主翼付け根に吸い込まれ、ぱっと火を吹き爆発する・・・坂井三郎著「大空のサムライ」によれば、次の瞬間、本当にそこには何も残らないそうだ。「おいおい、その飛行機には人間が乗っているんだぜ!」と思うと、どうしても涙が止まらない。

戦争が「自国も相手国も、共に傷つける空しい事」だなんて、誰に言われなくても判っている。

2005.8.14加筆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/246-3e9224c8

そろそろ「歴史的評価」ってやつをしようじゃないか

ここしばらくのところ、太平洋戦争関連のテレビ番組がいくつかあったが、その中で見ご
  • [2005/08/17]
  • URL |
  • H-Yamaguchi.net |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。