スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山魁夷せとうち美術館 



普段、仕事で子供をどこかに連れて行ってやることがなかなか出来ない私は、今日は何とか時間が出来たので、この春オープンした「東山魁夷せとうち美術館」へつれていった。

この美術館は瀬戸大橋のたもとにある。その順回路の最後にあるカフェからは瀬戸大橋の全容がばばーんと見えるのが売りで、事実今日も、三連休の最終日だからか、カフェは若い人も含めて結構な賑わいを見せていた。今日のようないい天気の時には青い空にライトグレーの瀬戸大橋が映えて大変に美しい。聞いたところでは、瀬戸大橋の色を提案したのは、櫃石島にルーツをもつ東山魁夷画伯であったとか。

今の展示は、第一展示室で「夏の兆し」をテーマにした画伯の作品群、これは、まぁ、東山魁夷の絵のイメージそのものの作品群だ。そして第二展示室では、画伯が北欧を旅したときのリトグラフを紹介する「憧憬の日々、北欧の妖精たち【北欧紀行古き町にて】」を行なっていた。正直言ってこちらには驚いた。スナップ写真そのものだ、これは!

正直言って、東山魁夷は「古臭い作風の大画伯」と思っていた(失礼!)から、まさかこんなにフレッシュな「スナップ」を見せられるとは思わなかった。「CONTAXや、Ricoh/GR-1のカタログ写真を思わせるような」と言えばイメージも湧くでしょう。ドアの周りに鍋やらフライパンやらが一杯並んだ骨董屋の門構え、軒から吊るされたレリーフの看板越しに見る重厚な町並み、レトロちっくなガス灯のあるバーの看板・・・。「あぁ、また写真撮りたいな」と素直に思ったのですよ。

ところで、香川県は日本一小さな県なのに美術館・博物館の多い県だ。ちょっと数えた所で、高松市立美術館・県立歴史博物館・ベネッセミュージアム(地中美術館)・猪熊弦一郎現代美術館・イサムノグチ庭園美術館、そしてこの東山魁夷せとうち美術館・・・ときたら、多分「箱物行政」の最たるものだな・・・と眉を顰める方も多いだろう。確かにそういう面も否定は出来ないけれど、この東山魁夷せとうち美術館は悪くない。

今紹介した二つの展示室しかない、とても小ぢんまりした美術館で、何より大人の入場料は300円、高校生以下に至っては土日祝日は無料で入ることができる。小さな展示室には数十点しか展示は出来ないから、収蔵した270点あまりの版画は小刻みにテーマを変えながら、定期的に新しい作品を見られるようになるだろう。「これならリピーターになってもいいかな?」という値段だ。

県のいう「アートツーリズムに力を入れる」という言葉は、「箱物行政」へのせめてもの言い訳かもしれないが、このくらいの料金で「本物」が気軽に見られるなら、見ないほうが間違っている。

コメント

東山魁夷せとうち美術館は、丁度私の職場から近いところにあるのですが、実は未だに行ったことがありません。
行かねば行かねば…と思いつつも、魁夷のあの優しい画風が自分にはなかなか受け入れられない…というか、ちょっと一歩踏み込むのに勇気が要るかな、といった感じだったのです。
そんなこんなでついつい後回しになってしまって…。
今度こそ行こう、と思っているところへ、丁度GAMさんに先を越されてしまいました(笑)

そういえば香川県には美術館が多いですね!どれも小さめですが、個性が出ていて逆にそれがいいのかもしれません。(イサム・ノグチはもうちょっと入りやすければなぁ…)
やれメトロポリタンだ、やれルーヴルだ、と語る前に、もっと地元のミュージアムを楽しむべきなんですよね。

emiさん、返事が遅くなってごめんなさい。この二日ほど東京へ出張していました。

東山魁夷せとうち美術館は、本当にいいと思いますよ。土曜日の夕方には、カフェでクラシックを聴くイベントもあるそうです(レコード鑑賞ですが)。なかなか洒落ていますよね?

土日・祝日に高校生以下が無料になるのは香川県の全ての施設ではないようですが、なかなか粋な計らいだと思います。なんと、猪熊弦一郎現代美術館は「常に」無料のようですが(!)

確かに、海外の美術館は凄いかもしれませんが、地元(広く、日本)の美術館・博物館も頑張っていますね。

emiさん、TB、ありがとうございます。美術館に対する目の肥えたemiさんに同調してもらえると、なんだか自分の目も、少し信用できそうです。

はじめまして。
東山魁夷せとうち美術館のことが書いてあったので、TBさせていただきました。
ご迷惑でしたら、外してください。

香川は粒ぞろいの美術館が多くていいですね。

azumiさん、こんばんは、そしてようこそ香川県へ(今ごろはもうお帰りでしょうが)。

東山魁夷せとうち美術館、よかったでしょう?上にも書いたとおり、僕も始めは「また、箱もの行政か・・・」と、どちらかと言うと否定的な考え方だったんですが、一度行って見て随分見方が変わりました。そして、画伯本人への認識も随分変わりました。

アクセスが悪いのは、田舎なのでお許しください。香川県は小さな県なので「うどんツアー」と併せて、レンタカーの旅がお薦めかもしれません。

全然迷惑ではありません。逆に「美術」の話なんてほとんど無いし、それどころか、下手糞な写真まで見させられるとんでもないBlogです。

そのかわり、出入りして下さる方々や、リンクに貼っている先は素晴らしい所ばかりですので、ここを拠点に色々遊んでいってくださいね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/231-6dbb6316

東山魁夷せとうち美術館のこと

今日は宇多津で友人と食事。別れてその後、ちょっと暇が出来たので瀬戸大橋記念公園周辺をぶらぶら。GAMさんに遅れをとって、やっと「東山魁夷せとうち美術館」へ行きました。しかしここ、驚くほど狭い。館内では立ち止まったり戻ったりでいつもダラダラ時間をかけるはずのあ
  • [2005/08/14]
  • URL |
  • あなたと夜と音楽と |

『冬の情景 静謐なる厳寒の美』 - 東山魁夷せとうち美術館 -

東山魁夷せとうち美術館、香川に着くまで知りませんでした空港でもらったパンフレットに紹介してあり、急遽行くことにしましたかつて、スキー旅行のついでに、『長野県信濃美術館・東山魁夷館』 へも行きましたが、"静"という言葉が本当に似合う作風ですよね~。
  • [2006/01/30]
  • URL |
  • 現代美術の世界へようこそ♪ Welcome to the contemporary art in Japan♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。