スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょんなことから・・・ 

我が家のポータブルDAT、TCD-D10PROは現在ローディングが出来なくなっている。修理代が不明で修理に出せない状況が続いていたが、ひょんなことから、ある程度の修理代を予想できそうだ。

某所で売られていたTCD-D10PRO2、「ソニー・ブロードバンドソリューションズで純正リペア・チェックを行なっているので45000円ほどが上乗せされている」という説明書きあり。

ちょっと、申し訳ないとおもいつつ内容を質問してみたら、「ローディング不良があったので、傾斜ブロック・ピンチローラー・ロータリーエンコーダー・プッシュスイッチ・モーターベルトと言った消耗部品の交換と調整が主で、各部の作動テスト」との答え。事前の調査でヘッドは1万円強ということは分かっているので、きちんと完調に戻すなら5-6万程度と言うことだろう。


コレは非常に悩ましい値段だ、・・・というのは、この手のレコーダーは、CFメモリーレコーダーもある。Maranzからは6万ほどでバランス入力を備えたかなり小型のレコーダーも作っている。テープメディアではないからPCに取り込んでDAWで編集するにも非常に便利なのだ。

しかし、このレコーダー、F特をみてがっかり・・・上は16000Hzまでしか伸びていないんだと。上級機種なら20000Hzまで伸びているのだが、それでもD10の22000Hzには及ばない。

やっぱり、DATが最強のレコーダーである事実は当面ゆるぎそうにない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/228-e355942b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。