スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩酌 



酒にはめっぽう弱い僕が飲める数少ないお酒、それが大吟醸クラスの日本酒とバーボン。そんな僕をしていつも気にせしめていたお酒が、何有ろう、地元香川の銘酒・悦凱陣。ほら、神田で見つけた讃岐うどん屋さん「丸香」を「香川出身の人がやっている店」と確信させた日本酒のブランドですよ。

悦凱陣は、琴平町にある造り酒屋で、今、非常に人気のあるお酒。店主自らが杜氏として酒を仕込む少量生産と、中身本位で販売する小売店にしか卸さない頑固さのために、県内でも30店舗程度の酒屋でしか手に入らない「幻の日本酒」です。

「幻のナントカ」ほど、実際に手に取ったら大した事がないという例は、枚挙にいとまがありませんが、このお酒はかなりの日本酒通をも唸らせる相当の強者。その悦凱陣を、この程入手してしまいました!

前々から「晩酌」というものをしようと思っていた、というのは、最近どれだけ寝ても疲れが取れないので、お酒の力を借りて熟睡しようか・・・という、なんとも消極的な理由。でも、「お酒が飲めないのは人生において損」ということも実感しているから、少しでも飲めるようになりたいという、ささやかな願いも・・・あります。

果たして、純米大吟醸「悦凱陣」、ぐいのみにそそぐと「トクトク」と上品な音を立てる。そして一口・・・ピリッとした舌触りと鼻に抜ける瑞々しい香り。フルーティという言葉を使うと日本酒通は怒るらしいが、なぜか頭には「梨」のイメージが浮かぶ。ひんやりとした喉越しがほどなくカーっと熱くなる。貧弱な表現で申し訳ありませんが、美味しい!

今日はぐい飲み一杯で、もう腕が赤くなっていい気持ちです。

コメント

GAMさん、私も吟醸酒のフルーティ感が好きになれなかった者の一人なのです。

「越乃寒梅」を始めとする淡麗辛口ブームに異端を唱え、それが某酒屋の店主と意気投合することになり、「これは客には売らない、自分用の酒なのだが」ということで売ってもらった特別純米酒『南部美人』を飲んで感動した時の気持ちを思い出しました。

といっても、安価で美味しい日本酒探しに限界を感じ(要するに地酒が美味しくない)、昨年で日本酒には別れを告げ、現在は、ブームのおかげで色んなモノを楽しめる焼酎に乗りかえました。GAMさんには是非、甘い香りと口当たりの良い黒糖焼酎をお楽しみいただければと思います。

churuさん、こんばんは。これで3晩連続で晩酌しております。今日は徳島の日帰り出張が有った所為か、酒の回りが速いようで、カッカと来ています(笑)

僕は、日本酒通ではないので、直ぐに「フルーティー」と言ってしまう口です。知り合いの酒屋さんでは、辛口という言葉さえも「なんですか?それ」って言われます。

こんなことでは、まだまだ「地酒が美味しくない」なんて境地までは程遠いですね。

黒糖焼酎ですか・・・一度試してみたいものです。

日本酒とか焼酎の味の表現、ボキャブラリーの少ない私も表現不能です。なのでもっぱら、旨い=「性に合う」、不味い=「性に合わない」、と言ってます。高価だから(プレミア物だから)旨いとも限らないですからね。

そういえば、結婚祝いにいただいた焼酎が不味くて(性に合わなくて)、3年たってから処分した事があります。後に、それがプレミア焼酎(『百年の孤独』)だったことが判明、みんなから「もったいない」と言われましたが、いくら高くても、性に合わなければねぇ・・・。第一、結婚記念なのに「孤独」っていうのもどうかと・・・。

「高価・有名≠いいもの」とは良くある法則です。そういえば「百年の孤独」って、僕も聞いたことがあるくらいだからかなり有名な焼酎ですよね?

churuさんはかなりのお酒通と見ました。僕など、今回の凱陣が美味しかったからといって、別の大吟醸酒を飲んだとき違いがわかるかどうか、かなり怪しいですからね~orz

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/213-b64946f0

オフ会明けて

オフ会開けて、神保町の 讃岐うどんを食べに「丸香」へ。やっぱ、うまい。
  • [2005/07/17]
  • URL |
  • 人生の達人になりたい |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。