スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新AF一眼(デジ)が欲しくなる時 



今日は知人の結婚式。「身内だけでこぢんまりとするので写真をお願いしていいですか?」とお願いされて、余り自信は無いけど引き受けた。もはやクラカメの仲間入りしたようなカメラしか使わない僕は、シャッターチャンスは勿論、目も悪くなって(老眼?)ピントも少々怪しくなってきているからだ。とりあえず、色々対応できるようにMX+35-105/3.5、K2DMD+24/2.8の二台体制で臨む事にした。

流石に手ブレはやらかさなかった。ピントを何枚かで「間違えた(新郎・新婦が前後に並んで、普通なら新婦に合わせるところを新郎に合わせていた・・・様な事)」ことはあったが、完全なピンぼけは無くてホッとした。シャッターチャンスを捉えられたかどうかは言わずもがな。それでも、まぁ、知人をガッカリさせることは無かったと思う。

ただ一番困ったのはストロボの事。今回の部屋は大きく開いた窓から燦燦と陽が降り注ぎ、シャッタースピードも問題ないが、すぐに逆光になってしまうと言う難点もある。少々の逆光なら、一寸モタついても、手前で測光してフレーミングしなおすというテはある。でも窓を背にしたときなどストロボも使って「日中シンクロ」でもしないと「後光が差した」様になってしまう。(誰か日中シンクロの極意を教えて下さい!)

僕のストロボはNationalの外付けオートストロボで、普段使わないだけに日中シンクロには自信が無い。こんな時、内蔵ストロボ付の最新AF一眼(デジ)が欲しいなぁと思う。逆光なんて気にしないでビシバシ撮っていけるモンね。

プリントをいつものキタムラに出しに行った時、PENTAX-istDSを手にとって(Kissデジ・Nには見向きもしない・笑)、しげしげと見ていた。空写ししてモニターの画像を見ると、綺麗に見えるものだね。ボディのみでも87000円かぁ・・・大分手ごろな価格にはなってきたけど、いつになることかな?

コメント

GAMさん、カメラマンお疲れ様でした。私も従兄弟達の結婚式には「親族兼カメラマン」で挑むのですが、まずは一杯、と飲まされるので大変です。最近は結婚式場よりも、レストランとかでやることも多くて、確かに撮影条件としては難しい局面も多くなりました。

GAMさんはズームレンズを用意されたようですが、私はもっぱら50ミリ1本です。フレーミングするのに式の邪魔をしないように気をつけねばなりませんが、それ以外は使い慣れた機種で最小限の動作で済みますので、酔っていても何とかなります。酔いのせいでピントも甘くなるのですが、ソフト系フィルターを付けてるおかげで目立ちません。しかも化粧の粗が目立たず新婦さんには好評です。

出席者も以前はコンパクトカメラとか使い捨てカメラとか持参したものですが、カメラ付携帯で撮る人が増えてしまって、結果、ちゃんとした写真がますます残りにくいようです。

churuさん、こんばんは。ここのところ、コメントが「0」行進で、既に9連敗中。このエントリーが10個目で、常々「10連敗」になったら潔くBlogやめようと思っているので、すんでのところで救われました(苦笑)

50mm一本と言うのも、なかなか思い切り良くていいですね。僕の場合、35-50mmのレンジでの写真は、他の方が絶対持ってくるであろう(コンパクトやデジカメで)から、それ以下とそれ以上を使った「ヘンな写真」を撮るための選択です。マトモな写真は、端から他の親族にお任せしています(笑)

特に24mmは、こんなパースペクティブのキツイ写真は、多分他の誰も撮らないでしょうから、これはこれで・・・

しかし、披露宴でもカメラつき携帯で写真をとる人が増えているのは事実で、「あれでいいのかなぁ?」と思っちゃいますね。

熱心な読者としては、ブログ存続の危機を救えて一安心です。

50mm1本勝負とはいうものの、90mmマクロも持っていきます。披露宴の始まる前の式場に忍びこみ、新郎新婦が手作りしたと思われる小物類(箸置き、座席表、メニューなど)やテーブル装飾なんかをブツ撮りします。そうしたものを作るまでの過程でも、新郎新婦の思い出が既に詰まっていますので、かなり好評です。

ただ、新郎新婦がプロの式場カメラマンを雇っている場合は、かなり気を配ります。高額な料金を払っている割に、ポジション取りの下手なプロもいたりして、場所を譲ってあげることもしばしば。閉口するのは、参加者がみんなで並んで撮っているのに、その前にズカズカと平気で割り込むプロがいることです。彼らは失敗を許されない立場上、仕方ないことかもしれませんが、基本的なマナーが不足しているプロは嫌いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/183-7ba6f52a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。