スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

America/View From The Ground 



82年の作品で、70年代のヒット曲「Ventura Highway」や「名前の無い馬」といったアコースティックなイメージは無い。いかにもAORと言えるポップな音作りで、AMGでは☆2つの散惨たる評価なのも致し方なしか?しかし、久々のヒット曲となった一曲目・You Can Do Magicなど、「テュル、ル、ルル・・・」というコーラスの付け方に往年の「America」らしさを感じる。5曲目のLove In The Vineや7曲目のRight Before Your Eyesがミドルテンポの佳曲で、コーラスも美しく、僕にとってのベストトラック。

クレジットでは、Jeff/SteveのPorcaro兄弟にChristpher Cross、Timothy B Schmitが参加し、「立派な」AORアルバムなのだね。今からしてみると、アップテンポな曲はかなりチープな音なのだが、そこに目をつぶれば地味ながらいいアルバムだと思う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gamma.blog2.fc2.com/tb.php/179-067e1017

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。